出口のない海 (講談社文庫)

出口のない海

人間魚雷「回天」。発射と同時に死を約束される極秘作戦が、第二次世界大戦の終戦前に展開されていた。ヒジの故障のために、期待された大学野球を棒に振った甲子園優勝投手・並木浩二は、なぜ、みずから回天への搭乗を決意したのか。命の重みとは、青春の哀しみとは―。ベストセラー作家が描く戦争青春小説。

この情報が含まれているまとめはこちら

読書感想文にもおすすめ!「戦争ってなに?」を考えさせられる16冊の小説

大人から子どもまで、いまだから読んでおきたい戦争を扱った日本のフィクション小説を集めてみました。

このまとめを見る