銭の戦争 第一巻 魔王誕生

銭の戦争

三井銀行で出世街道を歩む井深雄之介の次男として、明治21年に誕生した享介は、両親でさえ恐れを抱く怜悧な若のもに育った。一高では同級生・九鬼周造と共に勉学に励み、吉原にも出入りしていた享介。父に投機家としての才能を見出され、相場師の道を歩み出した彼の行く手には、天国と地獄が待ち受けていた・・・。

この情報が含まれているまとめはこちら

読書感想文にもおすすめ!「戦争ってなに?」を考えさせられる16冊の小説

大人から子どもまで、いまだから読んでおきたい戦争を扱った日本のフィクション小説を集めてみました。

このまとめを見る