1. まとめトップ

【速報&随時更新:2018-2019】 鍋 話題&人気の最新トレンド鍋・おすすめ鍋・流行り鍋

今年は引き続きのフォトジェニ(トッピングソフトクリーム、カフェ壁ブーム、特にミレニアルピンク)、パン屋&サンドイッチ、他辛いものの中でも「しびれ系」の花椒(ホワジャオ)、低糖質のヘルシー系もきてる。そんな社会的流行から、今年の鍋ブームを推測します。

更新日: 2018年11月27日

51 お気に入り 349220 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

udiningさん

【2018-2019】鍋 トレンド鍋メニュー ランキング ~マー活、悪魔鍋、地味(滋味)鍋など~

今年はどんな感じになりますかね、鍋トレンド。
食系流行りとしては引き続きスイーツ&カフェの映えメニュー(+今年は壁も重要)と、セルフケア軸が強い気がします。
あとはそのそれぞれに対する反動欲望も、「高カロリーなもの食べたい!」(=悪魔鍋)とか、「もう写真映えとか気にしたくない!!」(=地味鍋&NOジェニ鍋)って出てきてますね。

◆◆ 2019年トレンド鍋①パーソナライズ鍋

goody Kyotoとか、Little Baby Dog’sのソフトクリームって、カワイイのの他に、「わたしだけの」が加わるからもっと拡散モチベーションが上がるんですよね。
出汁・野菜・メインを選んで箱庭スイーツ的にかわいいかインパクトある盛り付けにできたらいいんですが。出汁をゼリーで球状にしたりとか、氷に具を閉じ込めたりすると面白い見た目になってくれるかな?

あとは、
最近のクリア飲料から、透明出汁系も面白いんじゃないかと。(作れるかどうかは別として)

自分の名前がどこかに出せるとかもアリですよね。カフェラテなどで使われている、透明なオブラートシートとか使えそう。

出汁も、トッピングも選び放題、自分の好きなものを、好きなだけ食べることができる。
正にパーソナライズ鍋。

同じ運営元のダイニングイノベーションさんがひとり焼肉のお店(焼肉LIKE)もオープンされました。
こっちはれたすのターゲットの女子よりはサラリーマン向けという感じ。

◆◆ 2019年トレンド鍋② ジェニ鍋

一昨年はフォトジェニック、昨年はムービージェニックと言われていましたが、とりあえずアウトプットするツールが沢山でてきたので、とにかくジェニックな、要は”ナントカジェニック鍋”
見た目に注目指数が高い要素があるものを指します。
パフォーマンスを求めることから”パフォ鍋””ハイパフォ鍋”とかもいいかなって。
洋系(チーズとか)だけじゃなくて「うにく鍋」などのジェニックな和系も出てきて、このカテゴリは大分こなれてきた感がありますね。
和系は、インバウンドに目を向けたジェニ鍋も入ってくるかと思います。

ユニコーンカラーのふわふわクリームで彩られた優しい味わいのスパイス香るミルク鍋。火にかけるとカプチーノ風に変化!ミルク鍋を召し上がっていただいた後には、チーズフォンデュも楽しめる、一度で二度美味しいアリスのオリジナルのお鍋。

店名である「七色てまりうた」に因んだ7つのてまり食材を、ポタージュベースの優しい味わいの出汁と徐々に溶け出すコンソメを合わせていただくお鍋。

目の前で日本酒を注いでいただきく純米吟醸酒の華やかな風味と香り、貝の旨味が凝縮されたスープはまさに”極上”

◆◆ 2018年トレンド鍋③ チーズ進化形鍋

ジェニ鍋とも親和性アリ、特にチーズはおいしいも見た目も兼ねている一定の安定感を確保しているので、別カテゴリとさせていただきました。
チーズダッカルビもまだ人気あるみたいですが、チーズカルメギイサルとか、ちょっとひねりが効いたものが求められているのでは。
悪魔要素でバターチーズ鍋いっちゃっても良いやも。
玄人向けで、ブルーチーズ+はちみつ で鍋とか。「ワインとどうぞ鍋」ですね。


「レインボーチーズ鍋」「焼きチーズ鍋」「スパイスチーズ鍋」
後にも書きますが、辛い物をまろやかにする意味でのチーズ、という使い方で考えると刺激物+チーズ、みたいな食べ方がそそる気がします。
グリーンカレー+チーズ、とか、トムヤムクン+チーズ、とかね。

ミートコンボ \2,480 / シーフードコンボ \2,480
4種チーズをブレンドしたオリジナルフォンデュと10種類のフレーバーでいただく贅沢チーズフォンデュ。モッツァレラチーズ・ミックスチーズ・パルメザンチーズ・グリエールチーズをブレンドし、生クリーム、白ワインで濃厚なフォンデュに仕上げました。ディップする食材は、リブロースを使用したローストビーフとソーセージ・ベーコンを盛り合わせた「ミートコンボ」と、有頭海老・ムール貝・タコ・ヤリイカの海の幸を盛り合わせた「シーフードコンボ」の2種をご用意。贅沢な時間をお楽しみください。

伊勢海老、フォアグラ、キャビア、鮑、和牛、いくらなどの贅沢食材をカニ味噌ベースの特製ソースでフォンデュしていただく至福の逸品。7度幸せの1口をお愉しみ頂けます。

レアに焼き上げた赤身肉・短角牛ステーキにチーズソースをたっぷり纏わせて、濃厚な旨味と芳醇な香りをお楽しみ頂く贅沢な逸品。

◆◆ 2019年トレンド鍋④ 『地味(滋味)鍋』『NOジェニ鍋』『フォト萎え鍋』

みんなカラフルとか色が変わってるとか、奇をてらった鍋でネットオーディエンスからの反応欲を満たすものを頼んでるけど、結局美味しいのは普通の鍋じゃないか!?
みんなそろそろジェニック疲れしてきています。
そんな世の中の流れを反映して、
地味なんだけど、ただただ美味しいよね、みたいな、もうこだわりぬいた出汁を使ったちゃんことか、キムチ鍋とか。彩とか無視じゃん!全部茶色じゃん!別に目新しさもないです。それがなんだ、美味しければいいんだ。という。

「地味ジェニック鍋」

1人前2,380円 ※ご注文は2人前より承ります
提供開始:通年~
じっくり煮込んだお出汁を、秋田名物『きりたんぽ』と、丁寧にまるめた「だまこ」に染み込むほどに美味しさが増します。「だまこ」とは、秋田の郷土料理ご飯を潰して丸めた秋田の鍋具材の代表!鍋出汁を含んだ「だまこ」はより美味しく頂けます。さらに比内地鶏の地鶏ならではの旨みと歯ごたえをご堪能下さい。 <追加具材>野菜 680円+税/比内地鶏 580円+税/きりたんぽ・だまこセット 380円+税/無限堂稲庭うどん 480円+税

中部地方で昔から受け継がれてきた「ほうとう」にたっぷり野菜と信州味噌と合わせ、奥深い味わいの鍋へと進化。

◆◆ 2019年トレンド鍋⑥ 本格中華スパイス鍋~びりびりしびれ鍋、花椒が注目”マー活”~

良いもの、本物の摂取、花椒に注目
また、トレンドフード系でも現地感のあるお店(シャンウェイとか、ティムホーワン上陸とか)
本格系の中でも更に中国方面スパイスが気になる。
本格的な中華系スパイス、花椒などしびれ系がキテル気がします。
モンゴル・ベトナムなどのエスニックマイナー料理系も。
スリラチャっていうすっぱ辛い調味料がちょっと流行ってきてたり、と刺激系調味料が全体的に盛り上がってる感じはしますね。

「マー活鍋」「麻辣鍋」「花椒鍋」「辛痺(カラシビ)鍋」

1人前1,890円 ※2人前よりご注文可
激辛スープに投入されるは餃子と牛モツ。話題の花椒に加え、ありそうでなかった組み合わせは是非味わってみたい一品。
餃子と辛いのって、合いますよね~

ピリリとした辛味、痺れる中国山椒の効いたスープ。濃厚クリーミーな白子を絡ませていただくお鍋。

地獄の様な見た目。炎でどんと増す辛さと香ばしさ。花椒のしびれる食感。痺れ×旨味×辛味=感動!痺れる!痛い! なのに癖になる!!! 食べれば必ず虜になる中毒的・悪魔的な旨さの鍋です。

◆◆ 2019年トレンド鍋⑦ セルフケア鍋

前年のお野菜ブームから引き続き、ヘルシー志向は変わらないものの、もうちょっと深堀で、ただ野菜食べてればよいわけじゃなくなってきたなと。
実感か科学として効果があったり、「医者が教える食事術」が売れたのも影響して 昔からの食材なども刺さりそう。
ヘルシー肉ディナーの代表、しゃぶしゃぶも更に盛り上がった感あります、食べ放題の中でも中目黒レタスさんなど、ちょい+アルファなオシャレ系や、クオリティも上がってきましたね。
もう一つは、”食べるだけ”でヘルシー・美容効果がある、というよりは、ランニングや筋トレの習慣化がいろんなメディア(特にインスタ「#筋トレ女子 とか #ダイエット とかのボリュームがすごい)で目に付くようになって、そのアクティビティの効果を増大させるようなたんぱく質(鶏むね肉)とか、良質な油(ナッツ系)も食べたい欲がありそう。


「鍋ザップ」「プロテイン鍋」「筋トレ鍋」「筋トレ鍋」

1 2 3 4 5 6