1. まとめトップ

おしゃれでかっこいい木製自転車

おしゃれでかっこいい木製自転車をまとめてみました。どれもかなり高価ですが一度は乗ってみたいものです。

更新日: 2013年08月08日

chcmdさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 44581 view
お気に入り追加

日本人による造船技術を活かしたマホガニー製バイク

Tがつくバイクは新たな技術を試すためのプロトタイプで非売品だそうです。

自転車のオーナーさんもライトをマホガニーで覆ったりして遊び心満載のようで楽しそうです。

ロードバイクだけでなくミニベロもあります。
70Tのチェーンリングがついていたりしてかなりの速度も出るそうです。

13歳から木造艇を造られている職人の佐野末四郎さんが作成したマホガニーバイク。
サドルもシートポストもリムも前輪のスポークまでもがマホガニー製。
木製でありながら強度を保つのは造船で培われた技術あってのものでしょう。
ここまで木製にこだわった自転車は他にはありません。
お値段は200万円以上とかなりお高いのですが、一度は乗ってみたい自転車です。

こちらも日本製、カラマツを使った木製フレーム自転車

2013年9月より生産開始予定の木製フレーム自転車。

諏訪圏の活性化に寄与し、自転車を中心とした「まちづくり」を提唱することで、健康的で、環境にやさしく、安全な自転車先進国“スワ”を作り上げることに努める諏訪サイクルプロジェクトによる木製フレーム自転車。
2013年9月より生産開始予定で¥480,000でプレオーダー受付中のようです。

アメリカオレゴン州ポートランドの木製フレーム自転車。あのAudiとも共同開発。

Renovo R3 Road
完成品のバイクで4,100ドル(約40万円)から
木の材質により値段も違う。

duo Cityが6,530ドル、duo Sportは7,350ドル、duo Roadは7,460ドル(各65万円、73万円、74万円)

アメリカ、ポートランド発の木製フレーム自転車メーカーRenovo。
木製でありながら高耐久性で中空のフレームとなっており、フレームは4.5~5.5ポンド(約2~2.5Kg)。
自動車メーカーAudiの自転車duoにも木製フレームを提供している。

フランス発、木と金属の調和された自転車WOOD.b

フレームは木製でハンドルバーはアルミ製。
28インチで15.8kgです。
ブレーキついてないみたいだけど付けれるんだろうか?
ブレーキ無だと日本じゃ乗れない。

こちらはブレーキ付です。
28インチで16.8kg。

フランス、ストラスブールに拠点を構える自転車のデザインスタジオBSG。
木製のフレームと金属を組み合わせた自転車WOOD.bです。
2013年の9月から製造開始予定で、お値段は2500ユーロ(約33万円ほど)。

はさんで組み立てろ! 自分で組み立てる木製自転車サンドイッチバイク

自分で挟んで組み立てる自転車。

ダンボールに入って届きます。

オランダ発、bleijh工業デザインスタジオのダンボールに入って届けられる木製自転車。
箱を開けて50個ほどのパーツを挟んでねじって組み立てる。
2013年10月から発送予定。お値段799ユーロ(約10万円)。
でもブレーキついてないから日本では公道では走れないかも…

オランダのオーク材で作った木製自転車

オランダ発の木製自転車Bough Bikes。
すでに量産は開始されていて1500ユーロ~1620ユーロ(約19~20万円)で販売されている。
木の材質はオークで、自転車の重量は約20kgほど。
こちらもブレーキがないので日本では公道を走れない。

1 2





chcmdさん

少しでも人の役に立つ面白いまとめが作れたらいいなぁと思ってます。