出典 chemnoteさんがアップロード

選ぶのは、患者自身

お医者様には、副作用のリスクや直る確率も含めた選択肢を患者さんに話して頂きたいです。そして、抗がん剤を使うことを最終的に決めるのは、がん患者となる人たちではないでしょうか。

この情報が含まれているまとめはこちら

抗がん剤治療は、命を賭けたギャンブルだ!

日本人の3人に1人が死亡する「がん」を治す手法として、抗がん剤治療は有用な方法の一つとされていますが問題点も多く報告されています。がんの種類によっては、わずかな治療効果の可能性しかないのに副作用が大きい場合もあります。

このまとめを見る