1. まとめトップ

抗がん剤治療は、命を賭けたギャンブルだ!

日本人の3人に1人が死亡する「がん」を治す手法として、抗がん剤治療は有用な方法の一つとされていますが問題点も多く報告されています。がんの種類によっては、わずかな治療効果の可能性しかないのに副作用が大きい場合もあります。

更新日: 2015年12月31日

chemnoteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
53 お気に入り 645932 view
お気に入り追加

ほとんどの人は癌を見つけたらすぐに治療を始めるが、著者は慌てて治療を始める不利益を説く。放置しても癌が転移せず、大きくもならない人が多数いるからだ。放置している患者さんたちの証言は、従来の「たちまち増大し転移する」という癌のイメージを覆す。

「ぼくは癌検診も健康診断も、一切受けない」世界的免疫学の権威・安保徹教授は言い放つ。検診を受けるメリットよりもデメリットのほうが遥かに大きいからだ。慶応大学の近藤誠医師は「癌検診を受けた人のほうが、受けない人より早死にしている」と驚愕の事実を挙げる。

20年以上前にチェコスロバキアで行われた肺がん検診の追跡調査です。そこでは、検診を定期的に受けていたグループは、受けなかったグループより肺がんの死亡率が圧倒的に多く、それ以外の病気による死亡率も明らかに多いという驚愕の結論が出ている。
http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-9043

画像を使わせていただいた謝辞

漫画作品「ブラックジャックによろしく」は、2012年9月15日より作品の二次利用が完全自由となっております。これにより、誰でも商用・非商用の区別なく、また、事前の承諾を得ることなく、無償で作品をご利用いただくことができます。

1 2 3





科学(特に化学その中でも有機化学)、学校(特に大学)、就職、ライフハックなどをまとめています。
https://twitter.com/chemnote1

このまとめに参加する