1. まとめトップ

簡単に出来るNAVERまとめのSEO対策

「NAVERまとめを作ってみたけどPVが集まらない!」「NAVERからの流入はあるのに検索からの外部流入が獲得できない」とお悩みのあなたに送るSEOマニュアル

更新日: 2016年10月26日

basseyboostさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
44 お気に入り 7529 view
お気に入り追加

▼まずはSEOの基礎を覚える!

▼タイトルの書き方で流入の8割は決まる!

「人が好むタイトルと検索エンジンが好むタイトル」

タイトルだけで8割だなんて!早速適当な事を言いましたが。
50文字以内で書けるタイトルですが、ほぼ全力を尽くします。もちろん中身のコンテンツもしっかり作り込む必要はありますが、まず読んで貰うきっかけはやはりタイトルです。過剰に煽りすぎず、コンテンツの中身がしっかり伝わるタイトルを心がけましょう。

タイトルを書く時に重要なポイントは「3つのターゲット」と「文字数」です。

NAVERからの導線を意識したタイトル

まずは「注目のまとめ」と「トピック」のページに注目してみましょう。
よく見るとすぐに気がつくと思いますが、長いタイトルが「…」で省略されてる事に気がつきましたか?
注目のトピック…全角30文字以内
トピックページ…全角33文字以内
で、タイトルを収めないと何が書いてあるか伝わらない場合があります。
出来る限り「短くシンプルに」を心がけましょう。

ソーシャルメディアを意識したタイトル

短くシンプルにまとめた方がいいと言った矢先ですが、TwitterやFacebookからの流入を狙う場合は50文字目一杯書いた方がいい場合もあります。
理由は、タイトルがそのまま投稿に使われ、人の目に触れるからです。

検索からの流入を意識したタイトル

さて、本題のSEOとして検索流入を得るためのタイトルの書き方ですが。
GoogleやYahooもNAVERからの導線と同じように表示される文字数が決まっています。
PCブラウザの場合は31文字
スマートフォンの場合は30文字
が表示されています。そして、検索向けのタイトルはまとめ作成時に記入したタイトルだけでなく、末尾に「 - NAVERまとめ」の7文字が追加されます。
7文字は無視して30文字目一杯書いてもいいのですが、長過ぎるタイトルはGoogleが書き換えてしまうので、意図したタイトルがユーザーに伝わりません。できれば23文字以内でタイトルを付けるのが検索エンジンへの最適化と言えます。

ほんの少しの文字数で流入数が大きく左右される。

23文字以内なら何を書いてもいいかと言うとそうでもなく、「惹き」のあるタイトルにする事はもちろん、検索されやすいキーワードを適切に使う事が必要になります。

些細な例ですが、「●●についてのまとめ」のようについつい「まとめ」をタイトルに含めてしまう事がありますが、「●●+まとめ」という複合キーワードでの検索流入を狙う場合は、検索向けのタイトルに「NAVERまとめ」が含まれるので、必要ないです。

Googleのアルゴリズムでは出来る限り短いタイトルの方がが好まれるので無駄な「まとめ」は2回登場させる必要はありません。
また、省略した3文字で重要なキーワードを足す事ができます。

▼オプション項目の「まとめの説明」は必須!

需要があったら追記しますヽ(・∀・)ノ

逃げた…

途中で…逃げた…

タイトルだけでボリューム感満載でしたので…

8割がタイトルと言ったからってあと2割でSEO対策が出来る訳ではありません。
簡単と言っておきながら考えるポイントは意外とあります。

というわけで気になる方は「お気に入り」に追加してもらうか「続き書け!」とTwitterにでも投稿してくださいw

適当ですいません。

▼続きはWebで!!

1