1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

20年ぶりとなる映画主演を務めた安達は、恋の運命に大きく揺れる花魁(おいらん)役を演じ「人を愛するということは切ないことだけど、心にグッとくるものです」と感慨深げ。

 久々の主演作には「久々に主演をやって、やっぱり大変だなって思いましたね」と回顧しつつも「花魁の役は一度やってみたかったので、うれしかったです!」と満足げに語っていた。

 当日はそのほか、淵上泰史、豊島圭介監督が出席した。

女優の安達祐実(32)が吉原の花魁(おいらん)を演じる主演映画「花宵道中」(監督豊島圭介)で大胆な濡れ場を披露する。

 初めてオールヌードにも挑戦。安達は「いつか演じてみたいと思っていた花魁に挑戦しました。恋をすることの素晴らしさややるせなさ、運命の力強さや無情さを感じていただければ」と話している。淵上泰史(30)ら出演。11月公開予定。

女優の安達祐実が32歳の誕生日を迎えた14日、都内で写真集「私生活」(集英社)の発売記念イベントを行い、週刊誌で報じられた同書を撮影したカメラマンとの熱愛について、「信頼している方ではあります」と話しながらも恋愛関係をキッパリと否定した。 元夫であるお笑い ...

「知らなかった。まさかオレに許可を取らないで出すとは」。

 紙面にはセミヌード写真が2枚掲載されており、井戸田は紙面の前に立ち、カメラから隠すなど大騒ぎ。元妻の恋愛については「聞きたくない! そんなの」と未練たっぷりだった。

1