1. まとめトップ

おすすめ!ママが選ぶ 0歳~1歳向け あかちゃん絵本

お座りができ、絵やお話に興味を持ち始める一歳児。日常の生活習慣なども一緒に教えられ、読むだけではない発展的な使い方のできる絵本も選出しています。子育て中のママが選んだ実際に子供が喜んだ絵本ばかりです。出産祝いにはセットもおすすめぜひどうぞ。赤ちゃんが初めて出会う絵本ばかりを集めました。

更新日: 2017年09月17日

347 お気に入り 180093 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Hidey0113さん

かがくい ひろし さく
ブロンズ新社 (2007/12)

我が家の娘の一番のお気に入りでした。赤ちゃんの時から割と大きくなるまで長く読んでいました。言葉が出てからは暗記して自分でめくりながら読みました。5歳の今もたまに引っ張り出して読んでいます。

たいていの子供は読んであげるとキャッキャ、ゲラゲラしながら大喜びで夢中になります。何度か読むと、ページをめくる前からもう笑い始める子供もいるほど。
だるまさんが予想外にビヨーンと伸びたりぶしゅっとつぶれたりおならをしたり・・・子供の大好きな要素が満載です。

松谷みよ子 さく ・ 瀬川康男 え
童心社; 改版 (1967/4/15)

言わずと知れたあかちゃん絵本の名作。昔から読み継がれてきた王道の一冊です。

歌うように続くことばとページをめくると顔を出す動物たちに子供は大喜びです。まだ言葉の出ない赤ちゃんも「いないいない…」とページをめくると一緒に「ばあ!」と言い出します。

松谷みよ子 さく ・ 瀬川康男 え
童心社 (1967/4/15)

いろいろな動物たちがでてきて、みんなふうちゃんの真似をして次々といいおかおをして座っていきます。
とてもかわいらしい、懐かしい絵本です。

同じ言葉を繰り返し繰り返しリズミカルにすすんでいくのであかちゃんの興味も引きやすいです。

五味太郎さく
福音館書店 (1982/8/31)

きんぎょばちから逃げたきんぎょが部屋の中の景色に紛れて隠れます。それを探しながらリズミカルにすすんでいきます。特に指さしができるようになった子に「きんぎょどこ?」と聞くと指さす姿がとてもかわいいです。

五味太郎さく
文化出版局 (1977/6/20)

きんぎょ探しから一歩進んで間違い探しの絵本です。みんなの中で食べた動物の体の一部が食べたものにこっそり変身しています。
一生懸命探して指さししてくれることでしょう。発見したときの「!」という子供の表情がたまりません。

キヨノ サチコ さく
偕成社 (1987/8/27)

ノンタンシリーズの中でも赤ちゃん向けに作られた絵本です。通常のものよりも言葉がやさしく少ない言葉の繰り返しです。離乳食期の赤ちゃんの大好きな食べ物がたくさん出てきます。
娘が赤ちゃんの頃、3歳の子が初めて見たこの本を、絵だけを見ながらまるで言葉が読めるかのように同じセリフで娘に読んでくれたとき、絵の持つ表現力に感動しました。

三浦太郎 さく
こぐま社 (2005/08)

やさしい絵がページをめくるごとにどこかがくっついて子供だけでなく大人も思わず笑顔になる一冊です。
絵がわかりやすいので動物や魚の名前を教えたり、割と長く読める一冊です。

三浦太郎 さく
こぐま社 (2006/09)

てんでばらばらに散らばっていたものがページをめくると一列にならんでしまいます。ページをめくるごとに子供の顔が輝きます。

慣れてきたら端から順に数えてみたり、クレヨンのページで色を教えてみたり、この本に出てくるのは生き物だけではないので言葉を覚えるときにも役立ちます。

安西水丸 さく
福音館書店 (1987/6/30)

のりものが大好きなあかちゃんに。
がたんごとんと走っていく汽車に「のせてくださーい」と声をかけるのは赤ちゃんにはおなじみの哺乳瓶やコップにスプーン、りんごにバナナと身近なものばかりです。

「ものの名前」と、「それが発する音」と、「その形」の3つをつなげる絵本です。
みずの「じゃあじゃあ」
かみの「びりびり」
ふみきりの「かんかんかんかん」
ねこの「にゃんにゃん」
赤ちゃんが大好きな擬音がリズミカルに続きます。お座りができ言葉が少しわかり始めた赤ちゃんにぴったりです。

わかやま けん さく
こぐま社 (1972/10/15)

しろくまちゃんがほっとけーきを作ります。材料の準備から焼き上げてこぐまちゃんをよんで、おいしいねと食べたら最後は二人で皿洗いもします。
見どころはなんといってもホットケーキを焼くシーンです。見開き1ページを使い独特の擬音で焼けていく様子を描きます。まるで歌を歌っているかのようで、気づくと読んでる大人もホットケーキが食べたくなります。

ひぐち みちこ さく
こぐま社 (1984/01)

この本はあかちゃんではなくママ向けの絵本です。
おうちに赤ちゃんがきて生活が一変して…かわいいけれど言葉は話せないあかちゃん。
どうして泣くの?何をしてほしいの?なんで寝てくれないの?他の子はできるのにうちの子は・・・
ちょっと行き詰ってしまった時、どうぞこの本を開いてみてください。きっと心がすっとするはずです。

絵本検索 おすすめサイト

年齢別やテーマ別など検索機能が充実しています。

出産祝いに!

いないいなばあ
いいおかお
もうねんね
あなたはだあれ
のせてのせて
おさじさん
もしもしおでんわ
おふろでちゃぷちゃぷ
あかちゃんのうた

いわさき ちひろさんが絵を描いている本もあります。
3冊セットもあります。

せなけいこ さく・え
福音館書店

いやだいやだ
にんじん
もじゃもじゃ
ねないこだれだ

だるまさんが
だるまさんと
だるまさんの

どれもおもしろいです。

こぐまちゃんシリーズです。

こぐまちゃんおはよう
こぐまちゃんとぼーる
こぐまちゃんとどうぶつえん

3冊セットははじめてのこぐまちゃんも入れると全部で6種類あります。

1