年収と喫煙の関係の結論は、「年収が低いほど喫煙者が多い」となります。年収を3つのグループ(200万円未満、200万円~600万円未満、600万円以上)に分けて喫煙率を算出すると、年収の低い順から、男性は37.3%、33.6%、27.0%、女性は11.7%、8.8%、6.4%となっています。

出典2012年2月3日(金) 年収低いほど喫煙率が高値|医療ニュース

収入が低いほど不健康で寿命も短い・・・。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る