韓国では、最終学歴や所得水準が低い人や肉体労働者であるほど喫煙率が高いという研究結果が発表

出典低学歴、低収入、肉体労働者であるほど喫煙率が高い - 金沢・片町を中心としたキャバクラ情報 石川お水・総合掲示板|爆サイ.com北陸版

大学卒業以上の学歴を持つ人では48.01%、 高校卒業以上は60.78%、中学校卒業以上は59.68%、小学校卒業以下は66.81%という結果になった。
また、25‐64歳の男性の場合、非肉体労働従事者の喫煙率が46.2%であったのに対し、
肉体労働従事者は61.85%と、はるかに高い結果となった。一方、同じ年齢層を所得水準別に20%ずつの
五つのグループに分けた場合、最も所得が高い第1グループの喫煙率は47.83%、第2グループは51.14%、
第3グループは56.1%、第4グループは61.18%と次第に高くなり、最下位グループは64.59%と最も高かった。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る