1. まとめトップ

心に響く 本田宗一郎 伝説の名言集

世界企業ホンダ。戦後の高度経済成長を支えた天才技術者の名言を集めました。

更新日: 2017年07月26日

197 お気に入り 553835 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nngskjgさん

伝説のホンダ創設者。本田宗一郎さんの名言をまとめました。

成功者は、例え不運な事態に見舞われても、
この試練を乗り越えたら必ず成功すると考えている。
そして、最後まで諦めなかった人間が成功しているのである。

自分はこれが好きだと思い、
自分はこれを職業としたいというものを発見させるのが、
教育の主眼のひとつであろう。

こちらが悪ければ、悪い人間が寄ってくる。
こちらが信用することによって、信用される人間が生まれる。

やろうと思えば人間はたいていのことができると私は思っている。

私は開き直ることにした。自分はたぶん、
他のどんな人よりも自分に忠実に生きてきたという自信がある。

チャレンジして失敗を怖れるよりも、何もしないことを怖れろ。

何かを深く信じれば、誰でも自分の中に大きな力を見つけだし
自分を乗り越えることができる。

人間、生をうけた以上どうせ死ぬのだから、
やりたいことをやってざっくばらんに生き、
しかるのち、諸々の欲に執着せずに枯れ、
そして死んでいくべき、という考え方だ。

人間というものは、面白いものであり、不思議なものであり、
必要のない人間というのはいないのである。

発明は恋愛と同じです。苦しいと思えば苦しい。
楽しいと思えばこれほど楽しいことはありません。

伸びる時には必ず抵抗がある。

日本人は、失敗ということを恐れすぎるようである。
どだい、失敗を恐れて何もしないなんて人間は、
最低なのである。

必死のときに発揮される力というものは
人間の可能性を予想外に拡大するものである。

新しいことをやれば、必ず、しくじる。腹が立つ。
だから、寝る時間、食う時間を削って、
何度も何度もやる。

社長なんて偉くも何ともない。課長、部長、包丁、盲腸と同じだ。
要するに命令系統をはっきりさせる記号に過ぎない。

芸術でも技術でも、いい仕事をするには、
女のことが分かってないとダメなんじゃないかな。

欠陥の多い人間は、特徴も多い人間だ。

嫌いなことをムリしてやったって仕方がないだろう。

技術屋というものは、失敗したときには必ず反省するが、
成功すると反省しない。

技術者の正装とは真っ白なツナギ(作業着)だ

苦しい時もある。夜眠れぬこともあるだろう。
どうしても壁がつき破れなくて、
俺はダメな人間だと劣等感にさいなまれるかもしれない。
私自身、その繰り返しだった。

言葉とか文字では、人は動かせない。

やってみもせんで何をいっとるか!!

もったいないようだけど、捨てることが、一番巧妙な方法だね。
捨てることを惜しんでいるヤツは、
いつまでたってもできないね。

よいアイデアには国境がなく、よい製品には国境がない

かけがえのない「若さ」も、
それを自覚していなければ「豚に真珠」、
「猫に小判」で、あってなきに等しい。
「若さ」を自覚してこそ、初めて苦しみに耐え抜く勇気も、
明日への活力も湧いてくる。だから私は若い人たちにまず「若さ」
の価値を知るべきだと声を大にしていいたい。

1 2 3 4