1. まとめトップ

厚労省がブラック企業対策 “若者の使い捨て”に監督指導へ

厚生労働省は8日、長時間勤務などを強いて労働者を使い捨てる“ブラック企業”の実態を把握するため9月1日から全国一斉の無料電話相談を実施すると発表した。使い捨てが疑われる企業などに対しては、監督指導を実施する。

更新日: 2013年08月08日

nazuna89さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 11624 view
お気に入り追加

厚生労働省は8日、長時間勤務などを強いて労働者を使い捨てる“ブラック企業”の実態を把握するため9月1日から全国一斉の無料電話相談を実施すると発表した。使い捨てが疑われる企業などに対しては、監督指導を実施する。

同省は、9月を「過重労働重点監督月間」に指定。ハローワーク利用者などから寄せられた苦情や通報を端緒に、離職率が極端に高いなど若者の使い捨てが疑われる企業を把握し、監督指導を行う。

王将フードサービス

2013 年2 月5 日、「餃子の王将」で働いている25 歳の男性が、王将フードサービスを相手取り損害賠償を求める裁判を起こした。男性ははじめアルバイトとして王将で働き始め、10 ヶ月後に正社員として登用される。京都府内の店舗で調理などの業務を担当していたが、長時間労働のためにうつ病を発症し、11 年4 月から休職を余儀無くされている。

ワタミフードサービス

居酒屋チェーンや介護事業を全国展開している同社では、2008 年6 月に正社員だった森美菜さん(当時26 歳)が、厚生労働省が定める過労死ライン(月80 時間の残業)をはるかに上回る月141 時間の残業を強いられ、わずか入社2 カ月で精神疾患と過労自殺に追い込まれた。

和民もはいってるのかな? ブラック企業集中取り締まり…立ち入り、公表も(読売新聞) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130808-…

働け働けって言うけど働き口もないし、私はブラック企業のひどい残業と、職場いじめの被害者助けたせいで迫害されて身体こわして生活保護にも障害年金にも頼らずがんばってるけど貧乏人の貯金からも税金盗られるばかりの世の中なら生活保護にも頼りたくなるね。日本人はなかなかもらえないけど。

ブラック企業集中取り締まり…立ち入り、公表も(読売新聞) - Y!ニュース / headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130808-… これでワタミ引っかかったら笑えるなw

厚労省の「ブラック企業」問題への取組強化方針が出てきた一番の土台は、やっぱり国民の世論が高まったこと。自民党はワタミ氏を公認したこともあって参院選公約から取り下げちゃったけど、怒りの声をあげ続けたみんなの力が政府を動かした。政治はやっぱり、国民が動かすものなのよ。

厚労省は昨年、13万件を超える企業に監督指導を実施している。重点月間中は約4000社の立ち入り調査を予定しているという。田村憲久厚生労働相は閣議後会見で「若者を使い捨てしているようでは、日本の国の将来はない。きっちりと対応していきたい」と述べた。

1





nazuna89さん

アイドル画像や時事問題などいろいろと書いたり発表したいと思いますよろしくおねがいいたします。