1. まとめトップ

ジブリに国民栄誉賞を!のキャンペーンが盛り上がってきている。

ジブリ映画のファンサイト「ジブリまみれ」を運営する中郷智さんが行っている「ファンの力でジブリに国民栄誉賞を!」が署名開始から5日で1500人集めるなど盛り上がりをみせている。賛否両論あると思いますが、ジブリが国民栄誉賞にふさわしい理由についてもまとめました。

更新日: 2013年09月16日

chemnoteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 2589 view
お気に入り追加

8月2日(金)から、スタジオジブリに国民栄誉賞を贈るために、オンラインプラットフォームのChange.org(チェンジ・ドット・オーグ)で署名運動が始まりました。

オンライン署名プラットフォームのChange.orgにおいて、スタジオジブリに国民栄誉賞を求める署名キャンペーンが行われています。

このまとめでは、この活動を応援いたします。

国民栄誉賞とは

この表彰は、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えることを目的とする。

目的を考えると、かなり幅広い人や団体に、その栄誉が与えられる。「スタジオジブリ」も当然ながら、その対象になる。

今回の運動の主催者は、ファンサイト「ジブリまみれ」を運営する中郷智さん

ネット上で「ジブリまみれ」という活動を始め、今ではFacebook ページに12,000 いいね!が付くほどになりました。日々更新を続け、1 年が経ちました。そんなぼくが始めて行う大きなプロジェクトです。ぜひ協力をよろしくお願いいたします。

中郷さんのコメントです。

今回、対象を個人ではなくスタジオジブリにさせていただいたのは、監督だけがアニメーション映画を作っているわけではないという思いを込めています。宮崎監督、高畑監督、鈴木プロデューサーをはじめとし、「風立ちぬ」で色彩設定として再び活躍された保田道世さんなどの職人たちが結集して初めて形になっているのです。
ぼくは長年頑張ってきたジブリのスタッフ全員に、賞を贈りたいのです。

中郷さんが、「ジブリ」を国民栄誉賞に選んでほしい理由です。

現在では約1400人に達しています。署名開始から5日しか経っていないことを考えると、異例のスピードで署名が集まってます。

賛同者数の推移

約1ヶ月が経過しました。9月3日現在の賛同者の数です。
1万人を目指して、賛同者を集めているようです。

★ジブリ国民栄誉賞への賛成理由

◯作られた作品は、国民に広く愛されている。

日本の歴代興行収入ランキングの5位まで
1、千と千尋の神隠し (ジブリ作品)
2、タイタニック
3、ハリー・ポッターと賢者の石
4、ハウルの動く城 (ジブリ作品)
5、もののけ姫 (ジブリ作品)

上位5位のうち3作品もジブリの映画。その観客はアニメが好きな若い人だけでなく、幅広い国民に見られている。

◯ジブリ作品は、社会に明るい希望を与えている。

「生きろ。そなたは美しい。」(もののけ姫、アシタカの台詞)

「夢だけど!夢じゃなかった!」(となりのトトロ、さつき&メイの台詞)

「命を大切にしないやつなんて大っ嫌いだ!」(ゲド戦記、テルー)

「ようやく守らなければならないものができたんだ。君だ。」(ハウルの動く城 ハウル)

「多すぎる火は何も生みはせん。火は一日で森を灰にするが。水と風は100年かけて森を育て
る」(風の谷のナウシカ)

「自分より頑張ってるヤツに、頑張れーなんて言えないもん。」(耳をすませば 雫)

心にのこるジブリ映画の名台詞は、社会に明るい希望を与えている。ここには、あげきれなかった名言の数々。そして、映画の中にある色々なメッセージから、元気になる人も多い。

◯世界からも高く評価されている。

2002.2.「千と千尋の神隠し」が第52回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞

2004.9.「ハウルの動く城」が第61回ベネチア映画祭で「オゼッラ賞」を受賞

2005.9. 宮崎監督が第62回ベネチア映画祭で「栄誉金獅子賞」を受賞

2006.2.「ハウルの動く城」第78回アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネート

http://www.ghibli.jp/30profile/000159.html

「スタジオジブリ」は日本だけでなく、世界の人からも愛されている。

ベルリン国際映画祭の金熊賞、アカデミー賞アニメーション部門(『千と千尋の神隠し』)やヴェネツィア国際映画祭の金のオゼッラ賞(スタジオジブリの技術に対する評価)で受賞するなど、国際的にも高い評価を受けている。

その業績は、黒澤明監督にも匹敵するものではないか。

◯前から言われていたけど、今がそのタイミングなのでは?

★風立ちぬは、宮崎監督の遺言
7月公開の最新作「風立ちぬ」の完成報告会見で、同作が宮崎監督の“遺言”だと鈴木敏夫プロデューサーが語った。

★遺言発言は、後に宮崎監督によって否定されている。
鈴木プロデューサーは、先日テレビ番組やイベントで「この映画は宮崎駿の遺言です」と発言したことに言及。「宮さんは怒っていましたけどね」と笑いながら明かすも、「それぐらい自分(宮崎監督)が言い残したいことを全部詰めた映画です」と改めてその意味を説明した。
http://www.cinematoday.jp/page/N0054651

宮崎駿監督の最新作『風立ちぬ』は7月20日の公開以来、16日間の累計動員数は350万人、累計興行収入は43億円を突破する大ヒット作となっています。

鈴木プロデューサーが『風立ちぬ』のことを「これは宮崎駿の遺作・遺書」だといったこと、宮崎駿監督が初めて自分の作った作品で泣いたこと。全てはここに集約されているのだと思います。(中略)このタイミングで国民栄誉賞を贈ろうとする試みは意味があると思うんです。

宮崎監督が元気なうちにあげてほしい。…まだまだ、お元気で作品を作り続けてほしいですが。

1 2





科学(特に化学その中でも有機化学)、学校(特に大学)、就職、ライフハックなどをまとめています。
https://twitter.com/chemnote1