1. まとめトップ

線路に人が立ち入ったため」というアナウンスは、鉄道業界の陰語で「痴漢が出た」という意味であるは本当?

線路に人が立ち入ったため」というアナウンスは、鉄道業界の陰語で「痴漢が出た」という意味である。というtweetが急速に拡散していますが、実際のところどうなのでしょうか

更新日: 2013年08月09日

1 お気に入り 120445 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ケースバイケースという説

「『線路に人が立ち入った』『車内点検のため』という理由で電車が止まることがあると思います。それは、時には『痴漢が逃げた』という隠語でもあるのです。ただ、鉄道会社によって異なりますし、必ずしも痴漢が原因とは限りません。本当にお客さまが線路に立ち入るケースもあります」

――どうして「痴漢」といわないのでしょうか。イメージの問題ですか?

「警察につかまって初めて『痴漢』になるからです。乗客から報告があっても、その人が痴漢かどうかは警察が判断します。そのため、痴漢のことは『迷惑行為』『車トラ(社内トラブル)』などといわれますね」

さすがにマイナビのインタビュー記事ですから、それなりの信ぴょう性はあると思います。
が、ここでも「時には」と言われているように必ずしもそれが理由ではないと思われます。

デマという説

まず、「痴漢が逃げた」という放送を「車内放送で乗客に知らせずに他の職員に通知する」必要がどこにあるのだろうか?

 ない。全くない。
 そんなもの、通知しなくてもいいでしょ?列車の中には列車無線というものがあって、そこで会話が出来るんだから、たとえばA駅で逃げた痴漢が電車の中に入ったとしても、その電車の車掌には無線で連絡すればいい。
 しかも、客には伝わらない隠語だ。何故そんな必要があるというのだ?
 隠語を伝える相手は、職員である。列車の中で職員同士が会話するには無線がある。じゃあなんで無線を使わないでわざわざ車内放送するの?

これが嘘であるのは、色々なバリエーションがあるという点でもよく分かる。あるサイトでは、「痴漢が捕まった」事を指すと言っている。別のサイトでは、「痴漢が逃げたこと」だと言っている。いずれも、「鉄道関係者から聴いた話」なんて書いてあるけど、なんと、真反対の意味じゃないか。これでは隠語にならないね。ライターが伝聞で嘘っぱちを書いたんだという事がよく分かる。今回、ググってみたら出てくる出てくる、いい加減な垂れ流し記事書いてるサイトが多いなあ。しかもニュースサイトだったりするから始末に終えない。

車内放送やホーム上で職員に連絡をするとき、必ず「業務連絡」という言葉が付くことを。「線路内立ち入り」を「業務連絡」で言う車掌さんはまずいない。「線路内立ち入り」によって、列車が遅延しているんだから、遅延理由をお客様に言うという意味で「線路内立ち入り」と言う事はあるけれど、それを業務連絡にはしないはずだ。痴漢が逃げて電車が遅れるというのも考えにくいよね。だから、線路内立ち入りが痴漢の隠語であるわけがない。

おそらく、真相は、痴漢が逃げる時に「線路立ち入り」をするケースがある、ということではないか

JR職員は「夜遅くだったら酔っ払いということもありますが、多くの場合は痴漢ですよ。電車内で犯行がバレて、被害者の女性に腕を掴まれたりして、次の駅に着いて電車の扉が開いたと同時に、犯人は猛ダッシュで逃げるんですよ。でもホームは人が多過ぎて逃げられないから線路に飛び降りて走って逃げるんです」という回答だったそうです。

「線路立ち入り」も千差万別かつ意味不明らしいです

こんにちは。鉄道会社で運転士をしております。

線路内に入ってしまう方の理由は、正直私たちでも分かりかねるトコロがあります。

今まで、
線路を枕に寝そべっており、非常ブレーキで直前に停止したトコロ、「殺してくれ」と叫ばれたり、
痴漢などが追手から逃れる為、線路に下りて逃走したり、
マニアが線路内に立入って撮影していたり、

このように、理由は千差万別。
もしかしたら、「理由」とかそういう物自体が無いのかもしれません。

線路を道代わりにしているとか、電車の運行を妨害しようとして立入ったという話はあまり聞きませんが、実際に線路内に立入った人の行動は、上記のように想像を超えた次元な事が多く、理由を求めるのもムツカシイと感じます。

■電車走行の妨害
置石などする愉快犯
鉄道オタクが写真を取る為
痴漢・スリなどの犯罪者が逃げる為
開かずの踏み切りを無理やり横断
自殺志願者

■その他(妨害する意図はないが結果は同じ)
線路上に落し物して自分で拾おうとした
不注意でホームから転落した
アルツハイマーなどで徘徊している病人
酔っ払い

1