1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

〔人気No.1〕多くの日本人が感激アンコールワット遺跡群の魅力

日本人が本当にいってよかったと思う海外旅行先の中でも特に人気の高い「アンコール遺跡群」人生で一度はその素晴らしさを自分の目で見てみたいですね。

更新日: 2013年08月10日

154 お気に入り 257952 view
お気に入り追加

日本人が行ってよかった海外観光スポット一位に

世界中で利用されている旅行サイト「トリップアドバイザー」で日本人旅行者の口コミから選んばれた海外の人気観光スポットTOP50の中、見事1位を獲得しました。

http://www.tripadvisor.jp/pages/OverseaAttractions_2013.html

@momochink アンコールワット行ってみたいんだよねwwwあそこの石像すごいからw

死ぬまでにアンコールワットは行きたいよなぁ…

一位アンコールワットだ!!なんだか嬉しい。また行きたいな〜、でももう暫くは行けないんだろうな。

アンコールワット遺跡群ってそもそもどこにあるの?

アンコールワット遺跡群はカンボジアのシェムリアップという都市の北、広大なジャングルの奥深くにあります。

出典http://siemreap.blog111.fc2.com/

その周辺に散在しているのが、アンコール遺跡群といわれ、中でもひときわ大きいのが「アンコール・トム」と「アンコール・ワット」です

カンボジアで9世紀初頭から600年以上続いたといわれるアンコール王朝(クメール王朝)時代に、この王朝の歴代支配者の指示によって建造された数々の遺跡群を指すのが一般的です。

600年以上も続いた王朝の支配者が築いた歴史的遺跡なんですね。

「アンコールワット」と「アンコールトム」

この2つを中心とした遺跡の歩き方に、「大まわりコース」と「小まわりコース」があります。15kmほど離れたところに、アンコール王朝初期の遺跡ロリュオスがあります

観光する場合はこの2大遺跡を中心に、コースで見て回ることができるようですね。ツアーに参加してまわることもできるし、ガイドさんを雇って散策もできるそうです。

ただただ感動するばかり!

太陽とアンコールワット前に広がる水面が作り出す景色はまさに絶景。神秘的で思わず息を呑んでしまいます。

アンコールワットの正面は西の方角に向いており、東から登る太陽に対して背を向けている。
太陽が昇るにつれて、アンコールワットのシルエットが浮かび上がる。それと同調して空とアンコールワット前に広がる水面の色が群青色から朱色に変化。

太陽の光や時間帯によって見せる顔が違う神秘さが素晴らしい。早朝の逆行が好きという人もいれば、くっきりとした姿を見るのが好きな人もいるそうです

アンコールワットの朝焼けの色を見ると死ぬまでいつか自分の目で見て見たいねえ? ホームページ: sfacs.moo.jp/angkor-wat/ind… カンボジアガイドロ… simplog.jp/pub/tw/7409709…

ドイツ行ってみたい スペインも行ってみたい アンコールワットも見てみたい

ほんとうに色々な姿を魅せてくれますね。黄金に包まれた遺跡がとても神々しく感じられます。

日の高い時間に見られる遺跡も美しいですね。青い水面に写る遺跡が鏡のようです。写真を綺麗に撮りたいなら雨季が狙い目だそうです。

真っ暗な世界に浮かび上がる遺跡がとても幻想的で美しい。夜明け、夕暮れ、午後、それぞれ美しい姿を魅せてくれます。

「アンコールトム」は周囲を1辺3km、高さ8mの城壁に囲まれていて、その中心に位置するのがバイヨン寺院。バイヨンは神々が住む須弥山の象徴とされています。

アンコールワットの朝日を見に 朝の4時半にホテル出発!・・・ 眠い! でもキレイだったな〜 今からバンコクです。はい。 pic.twitter.com/ddGmlT6dRK

@twit_Laki アンコールワットはまじでよかった!年取ってからいくのは過酷な上、いつまで遺跡が残ってるかわからないから、早めにいくのがオススメ!!どうせなら1週間くらい・・。

人と比べると遺跡の大きさがよく分かります。石の細工や彫刻もとても細かく芸術的です。お昼は階段を登って中に入れるようになるので、周りの景色を楽しむことができまるそうですよ

どくとくのフォルムがとても面白いですね。晴れた日にみる遺跡もいいですが、雨の降り注ぐ様子も素晴らしいような気がします

アンコール・トムの巨大遺跡群は素晴らしいものでした。高温・高湿の地にあのような巨大で素晴らしい建造物を作り上げた王朝が存在したことは驚きです。

「タ・プローム」は東西約1000m、南北約700mもの広大な敷地内にあり、遺跡を覆いつくすようにガジュマルが根っこを張り巡らせる姿が印象的で、他の遺跡とは違う神秘性を感じさせてくれます

樹齢300年のガジュマルが寺院を包み込んでいる。場所によっては鳥の足のように見えたり、大蛇のように見えるこれらガジュマルは、空気中に露呈した根を垂れる性質による。熱帯雨林の破壊された遺跡は「天空の城ラピュタ」のような世界を創造している

人が造りだしたものに、長い年月をかけて自然が侵食していく姿にはロマンを感じますね。外壁の細工も美しい。

1 2





お出かけ情報やスイーツ全般・美味しいお店・可愛いお店など