1. まとめトップ
  2. 雑学

【高校野球】甲子園で流れる校歌って誰が歌ってるの?

甲子園で流れる校歌たち。夏の甲子園では同じような男声合唱。春は時々女声も聞こえるのですが、誰がどう録音したものなのでしょうか?校歌演奏についてまとめてみました。

更新日: 2013年08月22日

5 お気に入り 17809 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

caroshibaさん

▼第一回大会から勝利校は校歌を歌っていたの??

勝利校の校歌演奏と校旗掲揚は、1929年の春の第6回大会から始められた。

夏の大会での勝利校の校歌演奏と校旗掲揚は、春の大会より28年遅れて、1957年の第39回大会から始められた。

これは意外!春より28年も遅れての実施だったとは!

▼発案者はこんな人

1928年のアムステルダムオリンピックの女子800mに出場し、日本女子陸上初となる銀メダルを獲得。オリンピックの各競技表彰式では金メダル選手の国の国歌が流れ、上位3位までの選手の国旗が掲揚される。この体験を元に人見さんは「高校野球でも校歌演奏、校旗掲揚をしてみては?」と提案。

また「開会式で各校プラカードで入場」も、この人見さんの発案です。

▼昔からテープ録音だったの?

はっきりとは分からないようなのですが…

生演奏から録音テープ使用に昭和50年頃変更したようだ

春は三塁内野スタンドとアルプススタンドの間からブランバンドが登場し、勝利校の校歌を演奏していたようです。

▼どうやって録音しているの?《夏の大会の場合》

各地方大会が終わると、大会本部が出場校から楽譜などを取り寄せ、朝日放送に録音を委託する。

初出場校は新規制作。出場経験校の場合は、過去の音源を音楽教師に聞いてもらい、再録音するかどうかの希望をとる

ブラスバンドのナマバックから5年前にコンピューターに変わりました

※この記事の「5年前」とは「2006年頃」のことです。

▼…で、それは誰が歌っているの??苦労は?

普段は音楽大学などで先生も努めるクラシックのソリスト達4人が歌っているのである

「しっかりした男声コーラスだな~」と思っていましたが、道理で!!
しかも、たった4人なんですね~

作業を、開会式までの1週間で終わらせなければならない

歌もうまいのですが、欠点もあります。それは、同じパターンでつくっているため、オリジナリティーが失われている、ということです

学校側からすれば、他人まかせにしているため、不本意な歌を流されてしまったと抗議した学校もありました。そんなときは作り直しを強いられる

最近はJPOPのような『Be Together』で始まる歌謡曲調から、
『夢追人』という題の校歌まであります。
原曲のイメージをこわさず、大会を盛りあげる重要な作業です

▼どうやって録音しているの?《春の大会の場合》

毎日新聞社に提出された学校オリジナルのテープを、わが毎日放送のスタジオで整音し、別のテープに再録音して甲子園で使用

夏と違い学校のオリジナルなので、女声が混じっていたりするんですね。
学校の合唱部だったり、地元の大学や社会人合唱団の協力で作っているようです。

▼ちなみに2回裏表で両校の校歌を紹介するようになったのはいつから?

71回の選抜大会から

第71回選抜は「平成元年」です。

▼mbs(毎日放送)森本アナの甲子園での校歌演奏に関するコラムも面白いですよ~!

1