1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

今、日本はまさに深海ブーム!カードゲームまで登場『深海生物カードゲーム ミスティクア』

NHKの特集番組を皮切りに、今年、日本は深海生物ブーム!そんな中、深海生物と楽しく遊びながら学べる『深海生物カードゲーム ミスティクア』が登場!どういった内容なのでしょうか?まとめます。

更新日: 2013年10月07日

74 お気に入り 34149 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chat01574さん

■ もちろんダイオウイカも出てくるよ!『深海生物カードゲーム ミスティクア』

深海生物を楽しく学べるカードゲーム「深海生物カードゲーム ミスティクア」を8月22日に発売

リアルなイラストに加えて、深海生物の生態や特徴への解説も付いており、ゲームをしながら深海生物に詳しくなれちゃう!

■ 世は、まさに「深海ブーム」

NHKでやっていた 【ダイオウイカ】 の特集番組がインターネットで大反響をよんでいるよ~です。なんでも、視聴率が16.8%あったとか

NHKはホント綺麗な映像で面白く魅せてくれるなあ…そりゃ深海ブームに火が付くわ。すごい面白かった。トチ狂ってミツクリキクモンナマコ特集とかやらないですかね。

深海ブームがやってギタ。ブームを後押ししたのはダイオウイカだろう… via.me/-dbkim9k

ダイオウイカ~!と叫びながら水族館内を走り回る子供!深海ブーム確実にきてます!

■ 深海生物を捕らえ、学会で発表するんだ!

潜水調査船カード

レイヤーは、「潜水調査船」と「レーダー」の2つのアイテムを手にした深海生物学者になります。

水深Lv.1(200~1000m)」「水深Lv.2(1000~2000m)」「水深Lv.3(2000m~)」のいずれかの深さへ潜行します。

深海生物の生きた姿を写真撮影するようにして「深海生物カード」を手に入れます。深海生物カードが集まったら海上へもどり、「学会」へ提出します。

スタート時の「学生」から「研究員」「助教」「准教授」へと昇進していき、一番早く最上位の「教授」に昇進したプレイヤーが勝利者となる。

ライバルよりもレア度*の高い深海生物を発表したプレイヤーが、その成果を認められて昇進していくというゲーム

■ 開発は、学生と企業からなる合同会社

大日本印刷株式会社(DNP)が慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの学生の起業を支援して設立した合同会社マイアース・プロジェクト

マイアースは、遊びながら環境問題を学ぶ『My Earth®』や、生態系における生命のつながりを学ぶ『たべちゃうぞ!!』など、社会や教育をテーマとしたカードゲームを開発・販売

テレビ放映された「ダイオウイカ」に関する番組で、深海を調査する潜水調査船が深く潜るに連れて、水深ごとに異なる深海生物に出会う映像にヒントを得て、深海生物の生態を紹介するカードゲームの開発に着手

■ さあ、深海の世界で新たな発見だ!

『深海生物カードゲーム ミスティクア』
価格 1,575円(税込み)

1