1. まとめトップ

★タロットカード★【大アルカナ】の意味!

ウエイト版のタロットカードです。【大アルカナ】のカードの意味を一枚づつ調べてみました。調べれば調べるほど奥が深いです。タロットカードをこれから勉強される方!占い師の皆さん!良かったら参考にどうぞ!!画像の二次加工、再配布はおやめください。

更新日: 2017年05月21日

253 お気に入り 902945 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

czg03000さん

0 THE FOOL(愚者)

●シンボル
  黄色い背景 … 実現性、可能性
  白い太陽 …… 神性、高潔さ
  白い薔薇 …… 無垢な魂
  白い犬 ……… 動物は人の本能
  荷物 ………… 経験した記憶
  崖っぷち …… 試練、危険

愚者 - The Foolの画像では、若者が、右手に肩に担いだ棒の先端に少しの荷物を、左手には白いバラを持ち、 晴れやかな黄金色の空の下、断崖絶壁に立ち、はるか遠くを眺めています。 足元には白い犬が元気に立ち上がり、断崖絶壁の危険さなのか、希望ある未来の希望なのか、若者に何か伝えようとしています。

(正位置)
先入観を捨て、新たなことに挑戦するスタート時期が到来しました。ハングリー精神を忘れず、勇気と希望を持って新たなスタートを切りましょう。自分を信じ、独創的アイデアを持って専念すれば、必ず支援者も出現するでしょう。

●キーワード
 新たなスタート時期
 先入観を捨てる
 自分を信じる
 独創的アイデアを持って専念

※正位置の解釈の例
状況に前向きな変化が訪れ、明るい可能性や肯定的な気持ちが生まれてくる。
気持ちが積極的になり自分の考えや自分自身に自信が持てる。
現状に変化をもたらすことで更なる発展が期待できる。

※正位置の対策例
明るい状況を作る。楽しめる話題をもたらす。興味や関心をそそる。

(逆位置)
先入観を捨て切れないため、自分の殻を破れずにいます。 いくら夢を語っても、行動が伴わなければ、誰も助けてくれません。 また、焦って無鉄砲に突き進むと、失敗してしまう可能性を秘めています。 ここはじっくり考え、周囲の人を説得できるしっかりした計画を立ててから、確実に行動を起こしましょう。

●キーワード
 新たなスタートが切れない
 先入観を捨て切れない
 無鉄砲・無計画
 中途半端な行動

※逆位置の解釈の例
自分の気持ちや考えを主張することができずに成り行き任せになってしまう。
変化を恐れ、行動することが出来ずにタイミングを逃し状況が悪化する。
しっかり考えずに焦って行動したために失敗してしまう。

※逆位置の対策例
楽しみを取り戻すこと。自由を取り戻すこと。発言に注意すること。

01 THE MAGICIAN(魔術師)

●シンボル
  背景は黄色 …………… 実現性、可能性
  庭のユリとバラ ……… 開拓精神
  手にしているワンド … 燃えさかる意志
  白い服 ………………… 内面の高潔さ、純粋さ
  赤い上着 ……………… 目的ある行動
  ∞ のマーク …………… 聖なる力(神的な力、高次の存在)
  尾をくわえる蛇のベルト … 向上をつづける魂

魔術師 - The Magicianの画像では、赤いバラと白いユリが咲きほこる中、 自信にあふれた表情の若い魔術師が、自信満々のポーズで、今にも魔術を始めようとしています。 お釈迦様(シッダールタ太子)は、掲げた右手で天を指し左手で大地を指して、 『天上天下唯我独尊(天にも地にもただ我ひとり尊い)』という産声と共に誕生したと言われていますが、 魔法の聖杖を右手で高く掲げ左手で大地を指すポーズは、お釈迦様の誕生シーンを 髣髴(ほうふつ)させるほどの万能の神の力を物語っています。

(正位置)
頭脳明晰で創造力があり、新しい物事を生み出すエネルギーにも恵まれいますので、 自信を持って取り組めば、成功へと導かれるでしょう。 また、高いコミュニケーション力で、周囲の人々を感動させ惹きつけるでしょう。

●キーワード
 頭脳明晰・創造力・コミュニケーション力
 人を惹き付ける魅力
 物事の始まり・成功

※正位置の解釈の例
新しい環境や状況の中が始まりを向かえ、幸先の良いスタートを切ることができる。
新しい人との出会いや恋愛により、気持ちは前向きになり姿勢が変わる。
自分の独創的な考えを活かす分野での発展や成功が期待できる。

※正位置の対策例
基本を大事にすること。個性を生かすこと。新しい環境に目を向けること。

(逆位置)
できもしないのに、人に頼まれたことを安易に引き受けたり、虚栄を張って嘘を重ねると、一時的に人気を集めるかも知れませんがすぐにバレてとんでもない結末に陥ります。 そして、自分に自信が持てなくなり、臆病で消極的になり、チャンスを逃してしまうこともあるでしょう。 前後の考えもなく軽々しく引き受けたり、見栄を張ったりせず、目的を達成するためにはどんな能力が必要であり、自分の能力と照らし合わせて達成できるかどうか、冷静に熟考してから発言するよう心がけましょう。

●キーワード
 虚栄・まやかし
 無気力・スランプ・空回り
 裏切り・失敗

※逆位置の解釈の例
いまいち気力が湧かず、はっきりとした態度や行動に移すことができない。
安定しない状況に惑わされ、次第に自分への自信を失ってしまう。
優柔不断にしているうちに、チャンスを逃してしまう。

※逆位置の対策例
自分を取り戻すこと。基本を見直すこと。環境を変えること。目立つこと。

02 THE HIGH PRIESTESS(女教皇)

●シンボル
  青い色調 …………… 高い精神性、穏やかさ
  正面を向いた人 …… 当事者に焦点が当たっている
  二つの柱 …………… 対立原理、意識と無意識
  巻物 ………………… 知識、知恵
  ザクロのカーテン … 女性性
  月 …………………… 感情、妻、母親、不安定さ

女教皇 - The HighPriestessの画像では、 女教皇じょきょうこう(女司祭長)が、手にユダヤ教の律書であるトーラ(Tora)を持ち、ボアズ(Boaz)の柱とヤンキ(Jachin)の柱の間に腰掛けています。 ユダヤ教も含めたキリスト教では、女性は司祭(Priestess)より上の地位には就けない決まりがあります。 このため女教皇(女司祭長)は、現実にはありえない知性と賢明さを備えた崇高な人物であることを意味していると解釈できます。
 ボアズの柱 ・・・ 神の試練、力、男性、慈愛、陽、白、右
 ヤンキの柱 ・・・ 神の愛、確立、女性、母性、陰、黒、左
また、背面のタピストリーには、男性器の象徴である棕櫚(シュロ)の花と女性器の象徴である柘榴(ザクロ)の実が描かれていますが、 女教皇が単なる聖処女ではなくバランスがとれた女教皇であると解釈できます。

(正位置)
あなたに降りかかる試練は神の愛です。 あなたの並外れた知性と賢明さを発揮して乗り越えれば、新たな可能性が見えてくるはずです。 また、知性一辺倒でも、愛情一辺倒でも、偏りが生ずると物事はうまく進みません。 常にバランス感覚を重視し、あなたの洞察力を最大限に発揮すれば、幸運が訪れるでしょう。

●キーワード
 並外れた知性・賢明さ・洞察力
 バランス感覚
 幸運

※正位置の解釈の例
突然の変化や展開があり、考えられなかったような事実に驚きを感じられる。
状況の変化を落ち着いた気持ちで見守ることができる。
何かの予感や前向きな期待が感じられる。

※正位置の対策例
相手を信頼すること。心を開くこと。相手を立てること。落ち着いて振舞うこと。

(逆位置)
あなたに降りかかる試練に対し、神経質になり、不満を表情や態度に表すようになっています。 また、自分の能力を過信し、うぬぼれが強くなり、相手に対しぞんざいな態度を取ったり、相手を非難することが多くなり、 周囲から敬遠されがちになり、不運を招くことが多くなります。 バランス感覚を重視し、思慮深く振る舞い、責任ある言動を取るよう努力して、この難局を乗り切りましょう。

●キーワード
 うぬぼれ・思い込み・神経質
 バランス感覚の欠如
 不運

※逆位置の解釈の例
予測ができず事態についていけなくなり、自分の中に閉じこもってしまうようになる。
不安ばかりが膨れ上がり、自己中心的になってしまったり、現実に幻滅してしまう。
将来への自信が無くなり、心に陰りがさしてくる。

※逆位置の対策例
相手を信頼すること。相手を立てること。落ち着いて考えること。

03 THE EMPRESS(女帝)

●シンボル
  背景は黄色 ………… 実現性、可能性
  肥沃な大地 ………… 物質世界の繁栄
  ザクロの柄の着物 … 女性性の実用、受胎・出産
  王杖 ………………… 王の権力、男根
  ♀のマーク ………… 愛、エロスの象徴

1 2 3 4 5 6 7

関連まとめ