1. まとめトップ

ラストのどんでん返しがスゴイ小説

私がラストまで一気読みしてやられたー!!となった、どんでん返しが楽しめる本のまとめです。

更新日: 2013年12月14日

601 お気に入り 415041 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

love_snoopyさん

本多孝好「チェーン・ポイズン」読了。一年という時間で何を見出すのか、見出せるのか。結局それは自身の力でどうなるものでもない。誰といつどう出会うかによって、結末は大きく変わる。救いのあるラストであり、救いのないラストでもある。それにしても、本書の仕掛けには見事にやられた。#book

赤川次郎著「マリオネットの罠」を読了。赤川次郎は読まず嫌いしてましたが、この話はなかなか良かった。何よりどんでん返しが気持ち悪くない! そして心地好い不快感(奇妙な言葉だけど…)を残して終わるこの感じ。赤川次郎に対する意識が変わりましたー(´∀`)

葉桜の季節に君を想うということ 借りたんだけど超徹夜本らしくていつ読めばいいのかわからない

ハサミ男、面白かった!!最高の叙述トリックじゃん!!はぁ。トリック知ってて読んでもなお素晴らしかったんだから知らずに読んだらどんな興奮が味わえたんだろう(☆o☆)しかもこれを映像化ですって!?気になる~!!GEOに走らなきゃ 笑

殺戮にいたる病 気持ち悪くなる死姦描写に「これはヤバい本だ」とよみつつ ラストのラストで急展開 文字通り口が開いたままふさがらない状態だった ここまでやられた感がある小説はひさしぶりでした

【連続殺人鬼カエル男/中山七里】読了。タイトルはなんじゃこりゃ?って感じだけど内容が…もうね、大どんでん返し何回あんの?って位で幾度となく、えええええ!?ってなる。ミステリー好きにイチオシ!!!!そして考えさせられる充実の内容に脱帽。

なんか面白い小説ないかなーと思い本屋寄る◞( 、∵)、 記憶を消去してまた、そして誰もいなくなったとアクロイド殺しを読みたい(∵)

いまさらだけど、イニシエーションラブって本当によくできたミステリーだよなぁ。改めて思うよ。

乾くるみ「イニシエーション・ラブ」「セカンド・ラブ」最後のどんでん返しが凄すぎる。恋愛小説と思いきやサスペンス、ホラーだった。人間って怖いね。。。

ふと、友人の中に「オリエント急行の殺人」をまだ読んだこと無くてネタバレもされてないって人がいて驚愕したのを思い出したwwwぜひピュアな気持ちで読んでいただきたいものだ…。

アガサクリスティーのГ検察側の証人」読了。どんでん返しがあるって分かっていても、衝撃的だった。映画も観てみたい。

森博嗣の「そして二人だけになった」は久々に衝撃的だった。即効性の衝撃ではなく、遅効性の衝撃。じわじわと来ている。

クラインの壺読み終わった!頑張れば夕方から&途中に寝たりしても約500ページの小説読めるんじゃね。笑 いやーおもしろい本だ、まったく。

1 2