1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「さすがサザン!」4つの年代で1位獲得の金字塔

1980年代から4つの年代で1位を獲得した「サザンオールスターズ」についてのまとめです。

更新日: 2013年08月13日

25 お気に入り 17935 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

やはり「サザン」はすごかった!

5年ぶりに活動を再開させたサザンオールスターズの復帰第1弾曲「ピースとハイライト」が、19日付オリコンシングルランキングで初登場1位に輝くことが12日、発表された。

デビューから35年2ヶ月での首位獲得は、前作で自身が打ち立てた男女グループ最長キャリア記録(30年2ヶ月)を自ら更新した。

これまで、1980年代に「さよならベイビー」、90年代に「エロティカ・セブン EROTICA SEVEN」など5作、2000年代に「TSUNAMI」など8作が1位

79年の「いとしのエリーは」1位になってないの?と疑問に思われた方もいるかもしれません。意外なことに、サザンのシングル1位は、デビュー11年目、89年の「さよならベイビー」が初めてなんです。70年代の「勝手にシンドバッド」は最高3位、「エリー」「C調言葉に御用心」は最高2位です。

今回2010年代1位を獲得した「ピースとハイライト」

メンバー全員が出演するフォルクスワーゲン「New Golf」CMソングの表題曲、映画『永遠の0』主題歌の『蛍』、三井住友銀行CMソング『栄光の男』、原由子ボーカル曲の『人生の散歩道』の4曲を収録。

永遠の0の主題歌がサザンなんですけど 早朝から号泣なんですけど

「生まれ変わっても栄光の男にゃなれない」と栄光の男、桑田佳祐に言われていろんな意味で涙するサラリーマンのこと考えると吐くくらい泣ける

人生の散歩道を聴くと、歩みが止まってる自分が恥ずかしくなる。1歩を踏み出さんとなあ…

完全生産限定盤の『“胸熱35”カートンBOX』には、これまで大規模ライブが幾度か雨に見舞われてきた同バンドならではの特典として「納涼サマーポンチョ」が同梱されている。

サザンって世間一般的なイメージだと夏や恋愛ばっか歌ってるイメージなんだろうけど、アルバム収録曲には割と政治的な歌もある。今回の復活シングル「ピースとハイライト」なんかもろ歴史と領土問題の歌だし。そういう重いテーマをポップな曲に載せて歌い、且つちゃんと売れる所がすごいんだよな。

サザン、初週で20万枚売り上げて1位か。今の時代CDだけでは中々売れないからこの数字は凄い。

アルバムも軒並み上昇!

サザンオールスターズのベストアルバム。デビュー20周年を記念して1998年6月25日に発売された。
今のところ、サザンの純粋なベスト・アルバムはこれのみとなっている。

98年6月発売の企画盤「海のYeah!!」が前週58位から31位に浮上。08年9月15日付の38位以来約5年ぶりのTOP50入りとなった。

「バラッド3~the album of LOVE~」(2000年)が55位、桑田佳祐さん名義の「I LOVE YOU-now&forever」(12年)が95位と、それぞれトップ100入りした。

昨日大量にiTunesに取り込んだサザンのアルバムたちを、iPhoneに同期するという簡単ではない作業

@ponsvg34 TSUTAYAからサザンの全てのアルバムを借りてiPhoneに入れられて本当に幸せです♪( ´▽`)

サザンの過去のアルバム聴いている。よどみ萎えや海などなど最高

1