1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

スキー事故で意識不明のオランダ王子が死去。愛の為に王位を捨てた王子として有名でした。

ことし4月新たな国王が即位したオランダでスキー中の事故で1年半余りにわたって意識不明になっていた国王の弟の王子が12日、亡くなりました。44歳でした。

更新日: 2013年08月13日

123 お気に入り 343510 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ぴろももさん

1986年、フリーゾ王子は高校を卒業し、カリフォルニア大学バークレー校で機械工学を学びました。1988年からは、デルフト工科大学で宇宙航空工学を学び、1994年に卒業。1990年から1995年まで、エラスムス大学ロッテルダム校で学び、経営学修士号を取得しました。その2年後、フランスのフォンテンブローにあるINSEADでMBAを取得。

オランダのウィレム・アレクサンダー(Willem-Alexander)国王の弟で、1年半前にオーストリアでのスキー中に雪崩に巻き込まれて脳を損傷し、18か月間にわたり正常な意識のない状態が続いていたヨハン・フリーゾ(Johan Friso)王子(44)が、12日に死去した。

◆王子は昨年の2月にスキー事故で意識不明の状態に陥っていた。

フリーゾ王子は去年2月、オーストリアでスキーをしていた際に雪崩に巻き込まれ意識不明になっていました。

フリーゾ王子は2012年2月、オーストリアでスキー中に雪崩に遭遇。救助されたが、雪の下敷きになっている間、酸素の欠乏で脳が損傷し、意識が回復しなかった。

王子は雪の下に約20分閉じ込められ、救出後に約1時間の蘇生処置が行われました。この事故の結果、脳に深刻な損傷を負いました。

◆7月に容体が思わしくないために元女王である母親が暮らす宮殿に移送されていた。

当初は、事故当時居住していた英ロンドンで入院していたが、先月になって母親のベアトリックス元女王が暮らすハーグのハウステンボス宮殿に移っていた。

オランダ王室は7月9日、昏睡(こんすい)状態にあるヨハン・フリーゾ王子(44)が、英ロンドンの病院から母親のベアトリックス元女王(75)の住む南西部デン・ハーグのハウステンボス宮殿に移送されたと発表した。

◆そして12日、意識が戻らないまま死去した。

オランダ王室は12日、スキー中の事故で意識不明となっていたヨハン・フリーゾ王子(44)が同日、脳の損傷に伴う合併症により、同国ハーグの王室所有の宮殿で死去したと発表した。

フリーゾ王子は12日、脳の損傷による合併症のため、オランダ・ハーグの宮殿で亡くなったという。

◆フリーゾ王子は愛のために王位継承権を自ら捨てた王子だった。

アムステルダム大学にて経済学及び政治学を学び、非常に優秀な成績を収め、大学生時代から英語、スペイン語、そしてフランス語を流暢に操る才媛だったメイベル女史。大学卒業後は、かつてから興味を持っていた人権問題に取り組むようになり、オランダに於ける戦争孤児を助けるためのチャリティ団体War Child Nederlandsの設立者の1人にもなっています。

王子が婚約発表したのは、2003年の夏でした。前の年には、彼の兄であるアレクサンダー王子がマキシマ妃と婚約・結婚したこともあり、弟であるフリーゾ王子も続いて婚約!というニュースに国民は沸きかえりました。ところが・・・。彼が、人生のパートナーに選んだのは、オランダ人の一般女性・メイベル・マルティナ・ウィッサ・スミットだったのです。

しかし、ウィサスミットさんが学生時代に麻薬取引に携わるマフィアの親分と付き合っていた過去が明らかになり、バルケネンデ首相は結婚に反対した。

2003年7月、人権保護団体で活動するメイベル・ウィサスミットと婚約を発表した。しかしながら、彼女の過去の異性関係(大学生時代にヨーロッパ有数の麻薬王で1991年に暗殺されたクラース・ブルインスマの愛人であったことや、国連職員時代に当時ボスニア・ヘルツェゴビナの国連大使(のちに外相)で公金横領で逮捕されたムハメド・サツィツベイと不倫関係にあったこと等)が問題視された。

オランダでは王位継承者の結婚には政府と議会の承認が必要

しかし、そのどちらも得られなかった。

この恋を貫くため、彼は当時の首相バルカネンデ氏に承諾を請う手紙をしたためました。しかし残念ながら世論の反対も強く、承諾を得ることは出来ず、王子は王位継承権を捨て、「ただの王室メンバーの一員」となることで、晴れてメイベル女史と婚約・結婚したのでした。

最初は、この婚約・結婚にあまり賛成していなかった国民たちも、王子が王位を捨てて恋を貫いた勇気に拍手を送る結果となりました。今や、国民から絶大なる人気を得たフリーゾ王子とメイベル妃。結婚後、2人の子供たちと一緒にロンドンで静かに暮らしていた王子の回復を、国民たちは今、心から祈っていました。

ただし、フリーゾ王子、メイベル妃と子供達は、今でもロイヤルファミリーの一員です。結婚式の後、2人はロンドンに移り住み、2人の娘、ルアナ(2005年3月26日生)とザリア(2006年6月3日生)をもうけました。

王室内でもかなりの秀才だった王子、王位より愛を選んだ王子、国民から慕われた王子。心からご冥福をお祈り致します。

1