飲んだり吸入したりしないよう注意が必要。
特に乳幼児に対し使用する場合は手のひら、顔(特に目、口)を避ける。
乳児は、大人の手のひらで薄く延ばし、これを塗る。
子供同士で虫よけ剤を塗ったりスプレーしたりさせない。
衣服へ塗る場合、内側(皮膚に直接触れる部分)へ塗布しない。
長時間塗ったままにしない。子供で約4時間、大人で約8時間程度を目安とする。さらに長時間の使用が考えられる場合は、濃度の低いものを使用するか、薄く塗る方法をとる。
帰宅後など、昆虫に接触する機会から離れた場合は速やかに石鹸などを使い、洗い落とす。
虫よけ剤は子供の手の届かないところへ保管する。
夏場など、日焼け止めと併用する場合は、日焼け止めを最初に塗りその上に虫よけ剤を塗る。

出典ディート - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

もう蚊に刺されたくない!虫除けベストチョイスは…?

使うのなら、効果の高い虫除けがいい。何を選べばいいんだろう?

このまとめを見る