1. まとめトップ

【ペット】【熱中症】ペットの熱中症死亡事故から学ぶ~ペットの熱中症対策まとめ

熱中症からペットを守るための対策をまとめました。

更新日: 2015年04月30日

1 お気に入り 2663 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■熱中症によるペットの死亡事故記事

■熱中症とは

長い時間、換気できない高温な場所にいたり、高熱になるものに長時間さらされたりすると、体温調節ができなくなり体の熱も上昇してしまいます。

うまく呼吸ができなくなる、脱水を起こす、体の血液がうまく循環できなくなるなどの症状や、ショック症状を起こし、死に至ることも

動物というのは本来的に、敵の襲撃から身を守るために体の不調を隠そうとする習性が備わっています

飼い主がようやく異変に気づいた時にはすでに手遅れ……ということも

興奮による体温上昇

気温だけでなく不慣れな場所(車内、一時預かり場所、野外)などでは必要以上に興奮して体温が上昇するため、短時間であっても発症することがあるそうです

■ペットのための適切な室温

■ペットの熱中症 予防と対策

水の配置を多くする

※猫の場合 猫の通り道に水を配置する

散歩は(中略)夏場は早朝か深夜など、必ず涼しい時間帯を選ぶ

※犬 夜アスファルトの路面の温度が下がってから
とくに暑い日は無理させず短時間で済ませよう

夏場の外出時には、エアコンをつけて、25~28度くらいの室温を保つ

動物と健康的に暮らすためには、空調機器の電気代は必要経費

車に乗せるときは、日中を避け、わずかな時間でも車内にペットを絶対に残さない。

特に首筋と内股を冷やすと効率よく体温を下げることができる

洋服を濡らす・アイスノンを首に巻く・クールマットなど体温・体感温度を下げる各種グッズも有効

■熱中症を起こしやすい種類

<猫>

1 2