1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

「日本では芸能人が政治的な発言をすると、CMスポンサーが嫌がったり、制作サイドが扱いづらいと判断するから、なかなか意見しにくい風土があります。しかし、謙さんはハリウッドスターたちと接する中で、自分の意見を発信していく大切さを感じたのかもしれません。決して声高ではありませんが、“自分のスタイル”で発信を続けているんだと思います」

 渡辺のように自由に意見できる土壌ができれば、日本はもっと成熟した社会になるのかもしれない。

「原子力」という、人間が最後までコントロールできない物質に
頼って生きて行く恐怖を味わった今、
再生エネルギーに大きく舵を取らなければ、
子供たちに未来を手渡すことはかなわないと感じています。

私たちはもっとシンプルでつつましい、
新しい「幸福」というものを創造する力があると信じています。

がれきの荒野を見た私たちだからこそ、
今までと違う「新しい日本」を作りたいと切に願っているのです。

今あるものを捨て、
今までやって来たことを変えるのは
大きな痛みと勇気が必要です。

しかし、今やらなければ未来は見えて来ません。

追悼のあいさつには渡辺謙らが立った。日本テレビ系「火曜サスペンス劇場」の「わが町」シリーズなどで共演した渡辺は「具合が悪いなんて聞いてないよ。今でも『あまちゃん』のおじいちゃんのように『あれはウソだったんだ』って現場に顔を出しそうな気がしています。いつでも顔を出して。待ってるから」と男泣きした。

 また、NHKドラマ「あまちゃん」で、蟹江さんの孫役に当たる主人公・天野アキを演じた女優の能年玲奈は、お別れの言葉は言えましたか?と聞かれ「そうですね…」と大粒の涙をこぼした。

俳優・渡辺謙(54)が7日、東京・グランドプリンスホテル新高輪内で『第37回 日本アカデミー賞』授賞式に主演作の『許されざる者』(監督:李相日/配給:ワーナー・ブラザース映画)で主演男優賞にノミネートされたことから登壇した。

 1992年に公開されたクリント・イーストウッド監督・主演による西部劇映画『許されざる者』をリメイクした日本の時代劇作品。明治時代初期の蝦夷地を舞台に、江戸幕府側の残党・釜田十兵衛が再び賞金稼ぎとして戦いに身を投じるさまを描く。

 本作が-10℃の酷寒のなかでの北海道での撮影だったことに、「風が吹くと厳しいですし、セットを建ててくださったんですが、断熱材とか入ってなくて、セットの中でも外みたいでした

主演映画「許されざる者」(李相日監督)公開記念舞台あいさつに登壇し、感極まった。今月6日にベネチア映画祭で行われた特別招待上映でも男泣きしたが、この日も「ケツの穴まで見せて、心の全部をさらけ出した映画」と言い、涙を ...

拡大. [シネマトゥデイ映画ニュース] 俳優の渡辺謙が14日、都内で行われた映画『許されざる者』の公開記念舞台あいさつに佐藤浩市、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、李相日監督らと出席し、「死に物狂いでやった映画。その映画を無事にお客さまに届けることができてほっ .

映画『許されざる者』のジャパン・プレミアが東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催され、作品に出演する渡辺謙、佐藤浩市、柄本明、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、國村隼、滝藤賢一、小澤征悦、三浦貴大、李相日監督の総勢11名が舞台挨拶に登壇した。

 イベント開始の午後7時すぎ。本篇開始のブザーが鳴り響き、静まりかえった劇場の後方左手から柄本明が、右手から佐藤浩市がそれぞれ姿を現し客席中央を抜ける花道に颯爽と向かうと会場に大きな拍手が響いた。2階客席からは渡辺謙と李相日監督が姿を表した。興奮する会場内に向けて今度はステージのオーケストラピットから柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、國村隼、小澤征悦、三浦貴大、滝藤賢一が登場、花道の渡辺、佐藤、柄本、李監督が合流すると舞台挨拶が開始された。

 映画『許されざる者』は1992年に公開されたクリント・イーストウッド監督・主演のアメリカ映画。第65回アカデミー賞で9部門にノミネートされ、最優秀作品賞をはじめ4部門を受賞。本作はそのリメイク作品だ。主人公の釜田十兵衛を渡辺謙が演じている。

1 2