1. まとめトップ

☆ビーチコーミング・ボトムコーミングまとめ☆

ビーチコーミング、ボトムコーミングとは?のんびり浜辺を歩きながら、ビーチグラスや貝殻、流木など自分だけの宝物を見つけませんか?

更新日: 2015年08月27日

54 お気に入り 72847 view
お気に入り追加

☆ビーチコーミングとは?☆

浜辺(beach)をくしで髪をとく(combing)ように探すことから名がついたといわれる。

海岸の砂浜に打ち上げられた漂着物を収集すること。流木や貝殻、珊瑚(サンゴ)、丸石、ウニ、ヒトデ、また、海外から流れ着いた空き瓶などまでが、その対象となる。拾った漂着物は標本にしたり細工を施したりして楽しむ。

☆お金としても?使える?☆

☆ボトムコーミングとは?☆

砂浜や海岸などで漂着物を見つけるのに対し、ボトムコーミングはシュノーケリングなどで海底に沈んでいる漂着物を収集する事を意味する(多分)自分の経験的にボトムコーミングで拾った貝殻は表面の艶が残っていて美しいことが多い(打ち上げられると砂や石に揉まれて傷が付くことが多い)

☆ビーチコーミングやボトムコーミングで拾えるもの達☆

☆ビーチグラス(シーグラス)☆

シーグラス(英: sea glass)もしくはビーチグラス(英: beach glass)とは、海岸や大きな湖の湖畔で見付かるガラス片のことである。波に揉まれて角の取れた小片となり、曇りガラスのような風合いを呈する。

シーグラスの色は、その元となったガラスの色に依存する。従って多く使われる色のガラスは、シーグラスとしても頻繁に見られる。例えば飲料の容器として利用される緑、透明、茶色などである。これらに次いでは水色、黄色、ピンクなどが多い。珍しい色は灰色、紫、赤、黒である[1]。赤はおよそ 5,000 個に1個、最も稀なオレンジは 10,000 個に1個程度の割合である。黒のシーグラスは1860年代以前のガラス、正確には暗いオリーブグリーンのガラスに由来するものが多い。またオーストラリアの海岸で発見される黒のシーグラスは、1940年代のビール瓶のものである。このシーグラスの希少性は、ビンの生産時にガラスと共に(色付けのために)成分不明の物質が使われた事による。

☆ビーチグラス(シーグラス)の利用法☆

☆流木☆

流木(りゅうぼく)とは、河川や海岸に流れ着く樹木の漂流物のことである

☆流木の利用法☆

☆貝殻☆

☆貝殻の利用法☆

1 2





ブルーレンジャーさん

日本の最西端南端諸島。
石垣島を主な狩り場にしているマスターハンターのブルーと申します。
皆様の役に立つまとめをお届けしていけたらと思います。どうぞよろしくお願い致します。

このまとめに参加する