1. まとめトップ

環境省「外来生物法」ウェブサイトのイラストが適当すぎる

知られざる「ゆるキャラ」がそこにはいた。

更新日: 2013年08月20日

15 お気に入り 13734 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

INFO-RAVENさん

問題のウェブサイト

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律とは、2005年6月1日に施行された外来生物の規制および防除に関する日本の法律

ウェブサイトでは、特定外来生物のリストから調査報告書まで外来生物法に関するさまざまな資料や解説が掲載されており、いたって真面目な内容となっている。

適当なイラスト

しかし、外来種や外来生物法の説明ページに使われている挿絵が、とても日本の省庁のウェブサイトとは思えない適当さに溢れている。

フリーソフトで10秒で書いたかのようなイラストの数々。

この図を見て、意味することを理解できるのは何人いるのだろうか。

このイラストだけだと何がなんだかわからないが、外来生物が農作物を荒らしている図である。

外来生物が人に危害を加えるということを伝えたいのだろうが・・・

お前は一体何者なのか

ツッコミどころは多いが、特にこの謎の生物(左)が本当に謎である。

どうやら名前は「ぽち」のようだ。

完全に「外来生物」として扱われている「ぽち」だが・・・

別のページでは、なぜか昆虫博士にインタビューをする側になっており、外来生物である昆虫を野外へ放つことの危険性を訴えている。

ゆるキャラの「ポチ」がかわいいです

一部ではゆるキャラとして好評のようである。

子供向けのウェブサイトの方がしっかりしている

カブトムシとカミツキガメの絵がリアルに。

元となった環境省の例のウェブサイトの同様のイラストと比べて、「ぽち」がアライグマの絵に差し替えられている。

ちなみに、環境省関連の他の法律のウェブサイトは、とくに変なイラスト等は使用されていない。

今後の「ぽち」の活躍に期待?

1