究極のABにして、性格的にはあまり目立たない人々。たぶん仕事人。 ABは一見理性的で、実際にはてしなく理性的で、それ故の苦しみを抱えた人種です。

水瓶座ABは、そんなAB型の中では比較的楽なのではないかと思います。これは彼らが鈍感なわけではなく、ひときわ感性がするどく、それゆえに早々に人生に見切りをつけているからでしょう。 水瓶座ABは、これは多くのABがそうですが、ごく幼い内から自分がどうも少数派であるらしいことを知っています。

そして、どうして、自分はこんなに込みやられているのだろうとかはあまり考えず(ここで立ち止まって、世界との折り合いに時間がかかるABは多い)、淡々と事実を受け入れた上で、世界を渡る対策を立てます。

そんなこんなで、彼らは手堅く手に職を持っていそうなイメージがあります。つまり仕事人です。もちろん、「お金がなくてもいいや(水瓶座的にはこう言う考えもある)」というオチで、のらりくらりとフリーター、派遣系という可能性もありますが。

一方、水瓶座ABというと、天才の二乗で大天才か?とも思えますが、これには懐疑的です。天才といわれるにはある種の屈折がほしいところですが、水瓶座ABはあまりにも知的活動に特化しすぎていて、屈折や衝突とは縁がなさそうです。しかし、能力は高いし、感性は鋭いので、時流に乗るタイプのプチ天才は多そうです。 性格的にはクールで暢気。時間の感覚がひとより長く、あくせくしません。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【12星座×血液型占い】 女性必見!男の血液型別取扱説明

星座×血液型占いによる性格診断と血液型別による男性の取扱説明を詳しくまとめてみました。

このまとめを見る