動弁系はホンダの得意とするVTECを使い、高冷却シリンダーヘッド、クーリングギャラリーピストンなどを採用することで、より高圧縮で高効率なモデルを目指しているという

 直列4気筒 2.0リッター直噴ターボ搭載車は、欧州シビックの5ドアハッチバックがベースとなっている。前後のフェンダーは、235/35 R19という大径のタイヤを履かせるためにワイド化されていて、リアには大型のウイングを装備。フロントバンパーとリアバンパーにも専用のエアロパーツが付属し、高速域でのダウンフォースを稼ごうとしていることが分かる。

出典Car Watch

前へ 次へ