次期欧州向けシビックタイプRのデザインの方向性を示すものとして、エクステリアデザインの各所にレーシングカーのような高い走行性能を発揮するための機能性が表現されている。ドイツのニュルブルクリンクサーキットにおける開発テストの結果を反映して設計されたフロントバンパーやLEDコンビネーションランプ内蔵のリアスポイラーなどが採用され、高いダウンフォースとドラッグ(空気抵抗)低減を実現。また、赤い縁取りが施された20インチホイールやフロントスポイラー、赤く塗られた大径ブレーキキャリパーなど、操る喜びを強く想起させるデザインが随所に施されている。

出典ホンダ、ジュネーブモーターショーで「シビックタイプRコンセプト」を発表|トップニュース|F1 車 映画|2014Live速報

前へ 次へ