1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

s0914sさん

【名前】須田 亜香里(すだ あかり)
【愛称】「あかりん」「須田ちゃん」「だーすー」
【出身地】愛知県
【生年月日】1991年10月31日
【血液型】A型

出典prcm.jp

→あかりに対してやましい気持ちがあったら浮気です!!
そうじゃなかったらいいと思います☆
でも…本当は!!
他の子と楽しそうに話しているのを見ると、寂しくなっちゃう亜香里がいます(>_<)

自由だとおもいますよ★
みんな違うからこそ一人一人違ったいいところに惹かれるものですよねっ

でもね、
いつかはその人の推しがあかりだけになっちゃうくらい、あかりの存在が大きくなったらいいな♪

ファンのかたに対して『大好きーっ』って叫びました♪
少しでも伝わるようにいただいたお手紙に向かって言ったんですよ♪♪

それと、出会えたかたを『みなさん』と、ついついみんな一緒に呼んでしまうことも多いと思いますが、
あかり本当は… あなたと出会えたことが幸せなんだと思います。幸せな毎日をありがとうございます☆

もちろんです!
来たいと感じていただけたら、いつでも会いに来てくださいね☆ その時にやりたいと思ったことを思ったままにやっていてほしいです*
また、なにかを一生懸命やり始めた時にはあかりも応援しますね☆

出典ameblo.jp

もちろんです!
お一人お一人の方と出会えたことはあかりにとって何にも変えられない幸せな事です。
だから会えなくなっちゃうなんて絶対に嫌ですよ…。
また会いに来てくださったときには、笑顔を見せてください*
じゃないとしょんぼりしちゃいますからね…!

SKE48の須田亜香里は、『ファンレターはすべて熟読し、名前や内容をノートに写して頭にたたき込んでいます。握手会などに来てくれた時にきちんとお礼するためです』(朝日新聞)

俺「こっち」と左手を差し出す
あ「あっ、そうだ」
あかりん渾身の力で俺の左手を握りあげる
俺「なんか(右手より)ドキドキするよっ」
あ「なんでー!?」
俺「(そんなきつく絞めてるからでしょ)きっと左手が心臓に近いからだよ」
あ「ああっ!それだー」
俺「もっと夢中になっちゃうよ」
あ「(しめしめって感じの笑顔で)あかりにどんどん夢中になってね」
剥がされる
俺「うん、また来るよ」
あ「(左手でOKポーズしながら)待ってるよ」

あ「ああっ!また来てくれた」
俺「ねぇ、あかりん」
あ「な~に?」
俺「握手会で小さな夢があるんだ」
あ「なになにっ!?」
俺「次の一回だけ左手で握手したいんよ」
あ「全然いいよー!やろうやろうっ!!」
俺「ほんじゃあ、次楽しみにすぐ来るよ」
あ「うん、待ってるよ~」

俺「おはよう、あかりん」
あ「ああっ!おはよー」
俺「広島から来たよ、って昨日も会ったよね」
あ「うんうん」
俺「今日はいっぱい笑顔もらうね」
あ「うん!!」
剥がされる
あ「あっ、広島といえばあれあれ」
俺剥がされて出口の前で待つ
あ「あの、もみじ饅頭とか」俺「あと、いっぱい来るから話そうね」
あ「うん、待ってるね」
剥がし朝から2人体制かよ
並んでる時に隣のたかまさんが顔を出してきてこっちきてみたいなゼスチャーしてきた。
いや、券もってないし

俺「亜香里隊長!お昼報告します」
あ「なんですか?」
俺「熱々の塩たこ焼きに…」あ「あー美味しそうっ!!」
俺「唐揚げを食べたよ。」
あ「あー!もううらやましいなぁ~」
剥がされながら
あ「あかりも食べたいよ~」
たこ焼きすら食わせてもらえないのか?
あとさっき金髪の外人おっさんがあかりんレーンに並んでた

あ「あーっ!今日いっぱい来てくれてる~」
俺「だって、推しメンだもんっ」
あ「あーっ!!!嬉しい~っ(握手の手を目一杯握力強めてくれる)」
俺「おなか空いたからお昼食べてくるね」
あ「なにたべるんですか?」
剥がされながら
俺「まだ決めてないよ」
あ「あったかいもん食べて下さいね」
俺「うん、わかった!」
冷やしうどん食べようと思ったのに…あったかいもん食べてくるわw

あ「ああっ」
俺「あかりん、広島といえばお好み焼きも美味しいよ」
あ「ああっ、そうだね。あかりもよく食べるよ」
剥がされる
俺「めっちゃ美味しいから食べてよ」
あ「あかり、食べてるよ」
剥がしに出口まで引っ張られる
あ「キャベツ入って美味しいよね」
俺「そうそう、また来るよ」
あ「(満面の笑みで)待ってるよ~(激しく両手で手を振ってくれる)」
剥がされてから会話が長いw
これは2部から対策取られるな(笑)

俺「あかりんかわいいです」
あ「ほんとに?ありがとう」(最高の笑顔)
俺「あかりん本っ当に大好きです」
あ(手をぎゅっ)
あ「ありがとう、じゃああかり、今日でもっと好きになってもらえるように頑張るね」
初めての握手会で緊張しました
好きにならないはずがないw
あかりんの笑顔の破壊力は異常でした

俺「あかりん、ぱっぽー久しぶり」
あ「あぁ!(俺の)誕生日の時以来ですね」
俺「(俺の誕生日1月なんだけどなんで覚えているんだw)今日は挨拶だけだよ」
あかりん構わず手の力を強めてくる
俺「あっ、明日は1日あかりんと握手だよ」
あ「あぁっ、あかりと1日デートですね」
俺「うん、また明日ね」
あ「待ってるからね」
あかりんの記憶力異常だろw
おかげでその後の真木子に(なんだこのバカップルは)って感じで見られた

出典ameblo.jp

俺「今日髪型かわいいね!」
亜香里「…。」
俺「どうしたの?」
亜香里「髪型だけですか~?亜香里は~??」
俺「あかりんもかわいいよ!って言わせてるだけじゃん笑」
亜香里「どぅえへへ~。言わせちゃったぁ☆」

出典ameblo.jp

俺「…ども」←クール気取り
あかりん「来てくださってありがとうございます」
俺「あ、はい」
可愛すぎるのと何故か紳士ぶって3秒ほどで手を離そうとすると、須田ちゃんがギュッって強めに握って来て一言
あかりん「もう少しだけ手繋いでていいですか?」

出典ameblo.jp

俺「最近…彼女出来なくて困ってるんです よ… ( ̄^ ̄)どうすれば良いですかね?」
須「んー……あかりは?」
俺「あー(  ̄▽ ̄;)」
須「ねぇあかりは?」
俺「あ"ー(  ̄▽ ̄;)」
須「ねぇねぇあかりは?」
愛李ゴメン…(´;ω;`)

出典ameblo.jp

あかりん「おかえり」
俺「ただいま、1人でレストランに行ってきましたよ」
あかりん「え~本当に?いいなぁ」
俺「でも1人だから寂しかったです」
あかりん「じゃあ、あかりが一緒に行けば良かったですね」

俺「あかりんの目をじーっと見てるとね」
あ「うん」
俺「その瞳に吸い込まれて話ができなくなるよー」
あ「(満面の笑みで)あーっ、もっといっぱい見て下さいね」
剥がされながら
あ「あかりがいっぱい吸ってあげる!すーっ~(と口ですーっと大きく息を吸い込む)」
俺「また来るよ~」
あ「また吸い込むよ~」
すーっとしてる口がキスする口だったからキスしたか…まぁ自重したけど

俺「ねぇねぇあかりん」
あ「なぁにぃ?」
俺「だーすー弁って4回使ったらどうなるの?」
あ「(即答)あかりが怒ります」
俺「(予想外の答えにびっくりしつつ)えっ!?怒るの!?」
あ「そうだよ、怒るよ」
俺「なんでー?」
あ「4回も使うとしつこいからね」
俺「ああー」
あ「だから、あかりが(ちょっと怒り顔で)怒ります(すぐに笑顔に戻る)」
剥がされ出口で
俺「じゃあ、3回までにするね」
あ「うん」
俺「次がラストだよ」
あ「(左手でOKポーズしつつ)うん、わかった」

2部
俺「あーっ!やっちまったさんだー」
あ「(>_<)←こんな顔しながらやっちまったさんですー」
俺「でも、メールの内容をブログにあげんようにね」剥がされる
あ「はいっ!(左手で敬礼ポーズしながら)注意深くなりますっ」
俺「また来るよ」
全力で手を振ってくれる

出典ameblo.jp

俺「あかりん、間に合ったよ」
あ「ん?」
俺「一枚券が無いから探しまくったよ」
あ「間に合いました?」
俺「間に合ったよ、これもあかりんと運命の赤い糸が繋がってるからだよ」
あ「(左手の小指を立てて)あーあかりと繋がってるね」
俺「うん!!」

ファン:「リクアワ『少女は真夏に~』に10票入れたよ」

だーすー:「あ~ありがとう」

ファン:「あっ、でも2票は羽豆岬に入れちゃった(≧▽≦)」

(ほっぺたを膨らませた後に手を強く握り顔を近づけて)
だーすー:「もう!浮気しちゃダメでしょ」

ファン:「あ~( ̄▽ ̄;)」

(ニッコリ笑って)
だーすー:「亜香里が1番でしょ。ね?」

ファン:「うん、もちろん(^_^;)」

俺「また来ちゃったw」

あ「またきてくれたんですねw」

2ショットが当たったのでここで写真撮影

あ「あ!(Iphoneの)カバー赤なんですね(^v^)もしかして亜香里推しだからですか?」

俺「そうだよw」

あ「うれしいです」

あ「ポーズ何がいいですか?」

俺「うーん、ハートでお願いします(^O^)/」

あ「ハートですね(*^_^*)」

ス「ハイ、んじゃ撮りますね~」

カシャッ!
ス「通路で写真の確認をお願いします」

あ「また来てくださいね(^O^)/」

お「また来ます(^O^)/」

出典ameblo.jp

自分→自 あかりん→あ

自『あかりん大ファンです!』

あ『おぉ~ありがとうございます』

自『ウインクしてください』

あ『あかりの目よく見ててね。せ~の(ウインクする』

自『あぁ~釣られました』
剥がされる
あ『(笑顔で手を振る

1