1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ジョン万次郎とは?

江戸末期の文政10年1月1日(1827年1月27日) に土佐(今の高知県)生まれる。

本名は中濱 萬次郎(なかはま まんじろう)。

天保12年(1841年)、万次郎14歳の際、手伝いで漁に出て嵐に遭い、漁師仲間4人と共に遭難する。無人島鳥島に漂着し143日間生活した。そこでアメリカの捕鯨船ジョン・ハウランド号に仲間と共に救助される。

長のホイットフィールドに頭の良さを気に入られた万次郎は本人の希望からそのまま一緒に航海に出る。

その船上早速アルファベットを習う。日本では寺子屋にも行っていないのだから、当然読み書きはできません。

少し考えた万次郎は「自分の中の鉄を大切にします」と答えたといいます。(鯨に鉄のもりを打ちこむ前に、鉄の筋金入りの男であるべきだ)とでも訳そうか。捕鯨船に乗り込んで数ヶ月でこれほどの内容を理解したそうです。

後にマサチューセッツ州フェアへブンの学校に入学。

学友の記録には「万次郎はクラスでいつも首席であり、学習に完全にぼっとうしていた。恥ずかしがりやで態度はいつも静かで、謹み深く丁寧であった」

琉球が属していた薩摩藩では万次郎一行を厚遇し、開明家で西洋文物に興味のあった藩主・島津斉彬は自ら万次郎に海外の情勢や文化等について質問した。斉彬は万次郎の英語・造船知識に注目し、後に薩摩藩の洋学校(開成所)の英語講師として招いている。

その後、故郷の土佐に帰ることになる。土佐藩では士分に取り立てられ、藩校「教授館」の教授に任命された。この際、後藤象二郎、岩崎弥太郎などを教えている。

万延元年(1860年)、日米修好通商条約の批准書を交換するための遣米使節団の1人として、咸臨丸に乗りアメリカに渡る。船長の勝海舟が船酔いがひどくまともな指揮を執れなかったため、万次郎は代わって船内の秩序保持に努めた。サンフランシスコに到着後、使節の通訳として活躍。帰国時に同行の福澤諭吉と共にウェブスターの英語辞書を購入し持ち帰る。

「cool」=「こーる」
「water」=「わら」
「Sunday」=「さんれぃ」
「New York」=「にゅうよぅ」
「English」=「エンケレセ」
「summer」=「しゃま」
「cat」=「キャア」
「tea」=「リに”つまり、リ"ィ-。」
「teath」=「リに゜つまり、リ゜ィッス」
「night」=「ナイ」
「morning」=「モヲネン」
「evening」=「イヴネン」
「winter」=「ウィンダ」
「cold」=「コヲル」
「west」=「ウヱシツ」
「gate」=「ゲイ」
「net」=「ネ」
「Father」=「フワザ」
「any」=「エネ」
「sorry」=「ソレ」
「think」=「センカ」
「this」=「ゼシ」
「question」=「コシチャン」

「McDonald」=「メクダノ」
「How much? 」=「ハマチ」
「yellow」=「ヤロ」

「Are you coming?」=「アー ユー カメン?」
「I am going」=「アイ アム ゴイン」
「It is a moon light night.」=「イータ イシ エイ ムーン ライト ナイ」

「What time is it now?」=「 ホッタイモイジルナ」

1