1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

りんごの蜜は甘くない!?意外な正体

リンゴの透明感のあるハチミツ色の部分。コレは何?おいしい林檎の正体とは。

更新日: 2013年08月16日

103 お気に入り 123897 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wampoさん

りんごを切った時に
時折目にする半透明でハチミツ色の部分。
蜜入りで美味しそう!と思う人は多いはず。

この蜜とは何なんでしょう?
実はこんなヒミツがありました。

蜜の正体

「蜜」の正体は、「水分」と「ソルビトール」という糖分の一種

蜜の部分は甘くない!
なんかもう蜜じゃないやんそれ…

と、ガッカリするのはまだ早い。
蜜入りリンゴにはちゃんと
おいしいワケがありました。

ソルビトール?

ソルビトールとは、葉の光合成によって作られる物質

完熟すると、ソルビトールは糖分に変換するのをやめてしまい、そのままの状態で水分を吸収します。これが「蜜」になるのです。

ソルビトール自体はしょ糖や果糖の5〜6割程度の甘さしかないので、その部分だけを食べてもあまり甘くは感じません。

「完熟するとソルビトールが余る」
「ソルビトールは蜜になる」
「蜜入りは完熟リンゴの証」

つまり蜜の部分はそんなに甘くないけれど、
蜜の入ったリンゴそのものは完熟していて
甘くておいしいという事に!

蜜の量・種類による差

収穫から日が経つにつれて酵素などの働きで果糖に変化して
果実に溶け込んでしまい消えてしまいます。

蜜入りとうたわれたものを買っても
消えてしまう(リンゴの中で吸収される)
事もあるようです。味にかわりはないとの事。

またリンゴだけではなく、
ナシやモモにも蜜は入るんですって。

(参考http://www.asahi.com/edu/nie/tamate/kiji/TKY200611200196.html

海外ではあまり喜ばれない?蜜入りのデメリット

欧米などでは蜜は「ウォーター・コア」(水入りりんご=蜜病)
と呼ばれ、嫌われている

なお、茶色く変色した蜜は腐っている
わけではなく、食用可能とのこと。
(※異臭・不安を感じたら止めて下さい)

蜜入りりんごは既に完熟。
早めにおいしくいただきましょう!

関連リンク

おいしいリンゴをもっと楽しもう!ツイート集

りんごとゴーヤ 混ぜてジュースにしたら 美味しいよね( ̄∇ ̄)

1 2