1. まとめトップ
  2. 雑学

「みょうがを食べると物忘れ」の真相

茗荷(ミョウガ)の俗説・迷信にせまる。落語のオチのネタバレあり。

更新日: 2013年08月16日

170 お気に入り 266940 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wampoさん

暑い夏にその香りで涼をもたらすみょうが。
この時期積極的にいただきたいですね。

しかし…この野菜には不思議な逸話が
ついてまわります。いわく、
「物忘れがひどくなる」「バカになる」など。

一体どういう事なのでしょう。
昔の逸話にその答えがあるようです。

インドの逸話

お釈迦様の弟子である周利槃特(しゅりはんどく)は、
物忘れをする名人

仏道に優れ悟りまで開いた人物だが、どういうわけか、
自分の名前を忘れてしまう。

ふびんに思った釈迦が、首から名札をかけさせたが、そのことさえも忘れてしまいとうとう死ぬまで自分の名前を覚えることができなかった。

その槃特が亡くなり、墓から生えたのが茗荷であったから、
茗荷を食べると物忘れをすると言う俗説が生まれた。

また、お釈迦様に掃除を命ぜられ、
教えを守り悟りを開いた周利槃特。

「自分の名を背に荷(にな)ってずっと
努力しつづけたことから、この草は
「茗荷(みょうが)」と名づけられた」

(参考・引用http://www.tsujicho.com/oishii/recipe/j_food/tamate/myoga.html)(画像はイメージ)

この話が落語で拡散

古典落語にある「茗荷宿(みょうがやど)」というお話

宿の夫婦は、客にぎょ~さん茗荷を食べさして、
金を預けたことをコロッと忘れさすことを思いつく

「いや……、ちゃんと効ぃてるで」
「何、忘れていかはったんや?」
「宿賃払うの、忘れていかはったがな」

強欲な夫婦が、みょうがを使って
金儲けをたくらみ、結果みごとな
オチで幕を引くこの話。
よくできてて流行るのも納得です。

この落語は周利槃特の逸話をヒントに
つくられたといわれているそうです。
(※諸説・異論など有り)

物忘れはデマだった!それどころか…

もし、本当にミョウガを食べて物忘れがひどくなるようでしたら、薬事法で取り締まられているはずである。

むしろ、ミョウガの辛味成分が脳に良い刺激を与えるかも!?

記憶や集中力をつかさどる前頭前野という部分が普段よりも活発に

茗荷はショウガの仲間。
我々が食べているあれ、実は花なんです。
(緑の茎、その下には地下茎があり
そこから出た花がいわゆるみょうが)

ちょっとクセがあり、苦手な人も
いるかもしれませんが、少なくとも
健康的な野菜なのは間違いなさそう。
これで安心して食べられますね♪

おいしい茗荷プチメニュー

さっぱりとおいしい浅漬け風。
梅酢でみょうがのクセもやわらかです。

材料 みょうが、なす、梅酢、塩など
詳しくはこちらを参照下さい。
http://kotobukimaru.blog.so-net.ne.jp/2009-07-23

野菜たっぷりのご飯。ヘルシーで食べやすい。
白飯があれば思いついた時に出来ます。

材料 みょうが、切り干し、梅干しなど
詳しくはこちらを参照下さい。
http://izumimirun.exblog.jp/8544440/

お肉料理にもピッタリ。
豚肉でもいけちゃいます。

材料 みょうが、もも肉、にんにくしょうが等
詳しくはこちらを参照下さい。
http://www.sirogohan.com/torinanban.html

みんなの楽しみ方

茗荷まるかじり。こんな贅沢なことはないね。美味い。

空芯菜の炒めものと茗荷の卵焼きを食べた。こういうのが1番好きだ。身体が喜んでる。

昼食は冷やソーメン 薬味は小ネギに生姜に茗荷に、あとはレンジした茄子。茄子が旨い。

【美味しいカツオのたたきの作り方】sirogohan.com/tataki.html #レシピ  生の皮付き鰹(たたき用)を安く入手。フライパンで簡単!超うま!薬味はさらし玉葱、茗荷、紫蘇、下ろし生姜。大蒜も欲しかったな。 pic.twitter.com/soJ2biTCqI

今年の夏はよくそうめんを食べてる気がする。我が家の定番薬味は大葉・茗荷・生姜・分葱。薬味を食べるためにそうめんを茹でるといっても過言ではなく。 pic.twitter.com/mzXnSTZeuW

お昼ご飯。キュウリと茗荷の糠漬け、だし、キュウリ古漬け。ひたすらキュウリ。 instagram.com/p/dDzlwtHBN8/

1 2