1. まとめトップ

【感涙】横山ノックに対する上岡龍太郎の弔辞が素晴らしすぎて感動の嵐

芸人を送るのに、涙は似つかわしくありません不世出の大ぼけ 横山ノックを精いっぱいの笑顔と拍手で天国へ送ってやってください

更新日: 2015年11月06日

25 お気に入り 185267 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

-聖少女-さん

横山パンチ(上岡龍太郎) 献杯の挨拶

『横山ノック お別れ会 献杯の挨拶』 横山パンチ(上岡龍太郎)氏

ノックさん あなたは僕の太陽でした
あなたの熱と光のおかげで 僕は育ちました
あなたの温かさと明るさに包まれて 生きてきました
ノックさん あなたはみんなの太陽でした

あなたが現れるだけで その場がパッと明るくなりました
あなたが笑顔を見せるだけで みんな心が癒されました

ノックさん あなたは大きな太陽でした
あなたの前に立つと 自分がいかに些細なことにこだわり
つまらないことに悩み とるに足らないことで 人と争っているか
自分自身の小ささを思い知らされました

ノックさん あなたは今 西の空を真っ赤に染めて
水平線の向こうに沈んで行こうとしています
でも 僕の胸の中には今も 真夏の太陽のようなあなたが
ギラギラと輝いています

あなたと初めて会った昭和35年 1960年8月5日から
最後となった平成18年 2006年4月4日までの
想い出の数々が、まるで宝石のようにキラキラと胸一杯に詰まっています

六甲のベースキャンプ ハウスボーイ時代にはサミーと呼ばれ
宝塚新芸座では「みたひさし」と名のり
「あきたけいすけ」から「横山ノック」
漫画トリオになったノックさん

はじめて買ったブルーバードファンシーデラックスが盗まれ
セドリックからアルファ・ロメオ ジュリアスプリントGTヴェローチェ
運転手付きのタッチダートに乗り換えたノックさん

我孫子町からさわの町 西宮北口から千里津雲台
桃山台の豪邸から芦屋に移り住んだノックさん

漫才師から参議院議員 大阪府知事から
最後は被告人にまでなったノックさん

相方や車や住まいや肩書はコロコロと変えたけど
奥さんだけは生涯変えなかったノックさん

血の滴るようなティーボーンステーキが大好き
あんころ餅や大福餅といった甘いものが大好きで
何より麻雀が大好きだったノックさん

女性が大好きだったノックさん
料理を作るのがうまかったノックさん
麻雀は下手クソだったノックさん

女性を口説くのが上手かったノックさん
お酒は弱かったノックさん
麻雀も弱かったノックさん
女性にも弱かったノックさん

マーロンブランド扮するナポレオンの髪型を真似して
ピンカールしていたノックさん

あの頭で10日に一回散髪に行っていたオシャレなノックさん
進駐軍仕込みの英語が堪能だったノックさん
そのくせカタカナは苦手だったノックさん

人を笑わせるのに自分は泣き虫で
賑やかなことが好きで寂しがり屋で
ありがた迷惑なほど世話焼きで
ああ見えて意外に人見知りで
甘えん坊で 頑固で 意地っ張りで 負けず嫌いで
天真爛漫で子供っぽくてかわいくて
そしていつでもどんな時でも必ず
僕の味方をしてくれたノックさん

ノックさん
本当にありがとうございました
ノックさん
本当にお疲れ様でした
そして、ノックさん
本当にさようなら
 
芸人を送るのに、涙は似つかわしくありません
不世出の大ぼけ 横山ノックを
精いっぱいの笑顔と拍手で天国へ送ってやってください
(グラスを受け取り)
ノックさんに、「献杯(けんぱい)」
ありがとうございました。

大弔辞 先輩、友、後輩へ綴られた最後の愛の手

弔辞とは詠む人の故人への「愛」にほかならない。悲しみの場で紡がれた珠玉の大フレーズ51本を厳選収録

第1章 先輩・先生・上司への愛(植木等へ―小松政夫から
夏目漱石へ―芥川龍之介から ほか)
第2章 後輩・弟子・部下への愛(渡辺和博へ―南伸坊から
荒井注へ―いかりや長介から ほか)
第3章 同年輩・同世代・同業への愛(青島幸男へ―谷啓から
青空千夜へ―リーガル天才から ほか)
第4章 友人・仲間・ライバルへの愛(フランキー堺へ―小沢昭一から
今村昌平へ―北村和夫から ほか)

「植木等 小松政夫」「夏目漱石 芥川龍之介」「高品格 宍戸錠」
「淀川長治 黒柳徹子」「渥美清 倍賞美津子」「柳家小さん 柳家小三治」
「バッキー白片 大橋節夫」「いかりや長介 加藤茶」「神代辰巳 桃井かおり」
「市川崑 岸惠子」「星野哲郎 水前寺清子」「園山俊二 東海林さだお」
「赤塚不二夫 タモリ」「渡辺和博 南伸坊」「荒井注 いかりや長介」
「逸見政孝 山城新伍」「三船敏郎 黒沢明」「川喜多和子 淀川長治」
「三沢光晴 徳光和夫」「手塚治虫 加藤芳郎」中上健次 安岡章太郎」
「青島幸男 谷啓」「青空千夜 リーガル天才」「小池朝雄 稲垣昭三」
「成田三樹夫 菅原文太」「岩川武大 丸谷才一」「池波正太郎 山口瞳」
「東野英治郎 森繁久弥」「杉村春子 新藤兼人」「服部良一 吉田正」
「原田芳雄 石橋蓮司」「西村潔 黒澤満「芥川龍之介 菊池寛」
「フランキー堺 小沢昭一」「今村昌平 北村和夫」「石原裕次郎 勝新太郎」
「滝田ゆう 長部日出雄」「南利明 由利徹」「横澤彪 山崎努」
「谷啓 犬塚弘」「上村一夫 阿久悠」「辰巳柳太郎 島田正吾」
「宇野重吉 滝沢修」「寺山修司 唐十郎」「野沢那智 白石冬美」
「景山民夫 高平哲郎」

あなたに会える、そう思うと
私はもう死ぬことは怖くありません。
あなたはそんなプレゼントまで
私に残してくれました。
私はもう友達は持たないでしょう。
あなたが最高だったから。
待っててね。

美空ひばりさんへの中村メイコさんへの弔辞です。

1959年 浜村淳に弟子入りを懇願したが断られ、浜村の紹介でロカビリーバンド「田川元祥&リズムワゴンボーイズ」加入

1960年 横山ノックの誘いにより「横山パンチ」の名前で横山フック(初代。後に現在の青芝フックが2代目として加入)と共に漫画トリオを結成。

「芸は一流、人気は二流、ギャラは三流。恵まれない天才、私が上岡龍太郎です。」

立川談志は上岡龍太郎を「芸人に憧れ、憧れ続け、尚も芸人になろうしたが結局、芸人に成り切れなかった芸人」

横山の逆告訴や法廷外での発言を名誉毀損であると認定し、横山に女子大学生に対して1100万円(セクハラ訴訟としては過去最高額)の支払いを命じた

2000年3月に開かれた刑事裁判の公判では、現場に居合わせた運転手、SPが証人として出廷を求められた。横山は一転して強制わいせつ罪の事実を認め、女子大学生に謝罪した

2000年8月、強制わいせつ罪により懲役1年6か月・執行猶予3年の有罪判決を受けた。その後、横山は控訴せず判決が確定した。これにより知事としての高額の退職金の受給資格、そして将来の叙勲・栄典など、それまでの人生で築き上げてきた地位と名誉のすべて失うことになる。

かつての相方 
秋田Oスケ 解散後、平和ラッパ(2代目)とコンビを結んで平和日佐丸(3代目)に改名。「ラッパ・日佐丸」の全盛期を築くが、ギャラの配分を巡って紛糾し、コンビを解消。のち、美人漫才師であった夫人とコンビを組むが、夫人が不倫の末駆け落ちして失踪しそのまま心中。これにショックを受け自殺した。1966年以降の演芸ブームに登場した「ラッパ・日佐丸」の日佐丸は4代目である。

いまビーバップハイヒール見てて過去の番組グランプリ的なのやってんだけどさ そのなかで上岡竜太郎さんの弔辞が三位で、思い出して涙出た( ´△`) ノックさーん

荒井注さんの弔辞の内容を読んでいかりやさんがその四年後に亡くなったということを知った。 弔辞(いかりや)「またいつか一緒にのもうな?場所はそっちで決めといてくれよ」 四年後のいかりやさんの葬式 弔辞(加藤)「注さんのところにもう行っちゃったね。また全員でコントしような。」

自分にとって最も重要な価値観について考えるには、自分自身の葬儀に出席したところを想像するといい。弔辞には、どんなことを言ってもらいたいだろうか?人生でなしとげたことで、いちばん自慢に思っている...byスティーブン・R・コヴィー

長編叙事詩李庚順の霧と声、力石徹と寺山修司への弔辞、そして「身捨つるほどの祖国はありや」。

“@psukepp: 紹介します、東京都知事の東国原さんです! やだー!” でも、東京と大阪で、青島幸男と横山ノックの時代もあった。案外ヘッチャラかも。

何もわからないんだから。3年先輩の横山ノックのとこに相談に行った。『夜も寝ないで勉強した』と言ってたね。(ノック氏は)勉強したことはしたけど、わかったか、わかってなかったは知らないよ

1 2