1. まとめトップ

織田裕二と共演NG、仲が悪いと噂の芸能人とその理由まとめ

世界陸上で話題の織田裕二と仲が悪いと噂の芸能人をまとめています。

更新日: 2018年10月10日

8 お気に入り 492900 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

木村拓哉

実は、キムタクと織田裕二、芸能界でも知る人ぞ知る因縁浅からぬ仲らしい。

木村拓哉の前で織田裕二の話は絶対タブー。
織田裕二の名前を出した瞬間、あからさまに不機嫌な顔になるんだとか…

もちろん織田裕二にとっても、木村拓哉の話はやはりタブー。
織田裕二の前で「CHANGE」の視聴率の話をしていたら席を立ってしまったとか…

金子修介(映画監督)

1993年のコメディ映画『卒業旅行 ニホンから来ました』でのロケでの事。織田裕二がステージで歌う場面で派手に花火を爆発させましたが、その時に織田の髪が少し焦げたそうです。それで怒った織田がスタッフを叱りましたが、逆に今度は金子修介監督が「お前何様だ!」と織田に対し激怒。一応その場はおさまりましたが、映画完成後に金子がこの件を週刊誌に暴露しました。以降、織田裕二はワガママだという噂が定着したというわけです。なお織田本人は金子監督に対して「何のわだかまりもない」とインタビューでは言っていますが、嘘でしょうね(笑)

柳葉敏郎

「踊る大捜査線」シリーズでは絶対に欠かせない織田裕二と柳葉敏郎の二人。
キャリアと現場と言う立場の違う二人を公演している二人だが、その織田裕二と柳葉敏郎の不仲のせいで続編は不可能と言われていた。
しかしそんな二人が和解し、「踊る大捜査線FINAL」の公開が実現したのだが、ここに来て再び二人が不仲に逆戻り。
織田裕二と柳葉敏郎の共演シーンをカットするため、台本が書き替えられる事になったという。

今作最大の見どころはクライマックスシーンでの織田裕二と柳葉敏郎の共演シーン。
ふたりが犯人の両脇を抱えて連行するというシーンが予定されていた者の、二人の不仲により共演が不可能に。
問題のシーンは台本から削除されたという。

柴咲コウ

出演ドラマ『外交官黒田康作』が低視聴率を記録した時に、主演の織田裕二さんに、演技ばかりか台本にまで口を出された事で、続編への出演をキャンセル。

織田さんも、映画『真夏の方程式』では、柴咲さんのヒロイン降板を条件に、出演を引き受けたと言われています。

1