1. まとめトップ

世界No1アプリWhatsApp。LINEが欧米で苦戦の理由。

日本国内産アプリとして最高の実績を残したLINE。世界でどう戦うか注目されています。楽観的に見られる記事が多い一方で実は多くの壁が存在。その代表が現在世界一のアプリWhatsApp(ワッツアップ)※英語のWhat'supとAppを文字った通信アプリ【初回記事作成 】2013年8月17日

更新日: 2014年03月14日

yoookiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
55 お気に入り 450652 view
お気に入り追加

2014年2月20日付けの衝撃ニュース!!

大手のフェイスブック<FB.O>は19日、携帯端末を利用したメッセンジャーサービスで急成長しているWhatsApp(ワッツアップ)を総額190億ドルで買収すると発表した。

い、1.9兆円。。?

WhatsAppは買収後も独立したブランドを維持し、従来の本拠のまま事業を継続する。

2013年11月に登録ユーザー3億人を突破したLINE。いったい、何が違う?

世界でますますユーザーを伸ばしそうな勢いだが・・

LINEカンファレンス(2013年8月21日)では、現状の説明がされた。

しかし、LINEには大きな「謎」が・・。

なぜか欧米戦略の具体的な成果、展望が全く見えてこない。前回のカンファレンスも同様、アジアの話が多い。

日本は4700万まで増えました。次はタイで、1800万。台湾、1700万。スペイン、1500万。インドネシアは1400万まできました。(2013/8/21時点)

8月21日LINEカンファレンスより。相変わらずユーザーはアジアばかりだ。
注目すべきは欧米圏で唯一ユーザーが伸びているスペイン。しかし、そのスペインに関してもLINEはNo1通信アプリではない。実はインドネシアも同様。(別途説明)

実は、世界にはLINEが勝てない大きな壁が存在している!

それは暫定世界一のコミュニケーションアプリ "WhatsApp"

"What's up" (ワッツアップ)調子はどう?という英文と、"app"を掛けたユニークな名称。米国WhatsApp社が2009年にローンチ。

使用感はLINEとほぼ同じ。ただし、スタンプや無料通話もなくLINEと比べて非常にシンプル。LINEの様な独自キャラクターもいない。
*2014年3月現在

【注目】世界各国がWhatsAppの独壇場。注目すべきは・・スペインもインドネシアもLINEが首位じゃないことが発覚。

世界各国のメッセージアプリ使用率を表す表。
こうして見るとWhatsAppのパワーが一目瞭然で、LINEは日本と一部アジア圏でしか成功していない事が分かる。その他、中国のWeChatも巨大国家の83%を占めている事を考えると凄い。

LINEの悲しい現実はスペイン。LINE社はスペインで人気とアピールする一方、実はWhatsAppに大敗している。実際に現地で使用されているのか疑問です。

※Onavo社による2013年7月時調査

スマホのメッセージアプリの使用TOP3を記載した記事。各国の首位は、米国がfacebook messanger、中国はWechat、インドネシア・ブラジル、南アフリカはWhatsapp。LINEはTOP3にも名前が出てこない。

※on device reserch社(英国)による2013年9月調査

登録ユーザーはLINEの2倍以上?! WhatsAppは「月間アクティブユーザー」が4億人!

WhatsAppは登録ユーザー数は非公開だが、2013年12月19日時点で「月間アクティブユーザー」が4億人に達したと報じた。
※月間アクティブユーザーとは、「月に一度でもアプリを開くユーザー」の事。一方でLINEは「登録ユーザー」が2013年11月時点で3億人、「月間アクティブユーザー」は2億人以下という可能性も。

更に中国のアプリ「WeChat」は2013年10月時点で登録ユーザー6億人。中国国外では認知度が低いが、ポテンシャルは非常に高く、今後LINEにとって脅威となるかもしれない。

ビックリ!WhatsAppって実は有料

初年度無料だが2年目から年間85円になる。その一方で広告関連は一切なし。(LINEはスタンプとコラボといった形で広告あり)
*2014年3月時点情報

なぜユーザーが伸び続ける!?

LINEが国内でそうだったように、ユーザーがユーザーを呼んでいる状況。欧米諸国でのLINE知名度は、2014年春時点では皆無に等しい。

注目!今後の展開は?

買収によりテキストメッセージとSNSの組み合わせが可能となり、スマートフォン利用者は携帯通信事業者のサービスを利用することなく様々なメッセージや写真・動画などをやりとりすることができる。また10代の若者に浸透しやすくなる。

近々、facebook上で無料通話が可能になる日がくるかも!?
※2014年内に可能になるとされています

LINEや中国のWechatを巻き込み、戦いはますますヒートアップしそうです。日本国内の反応も気になります。

1





yoookiさん

最近まで東京で10年暮らしましたが、今は大阪市民です。大阪と東京の両方を知る立場から記事を書きます gengoro1984アットgmail.com