1. まとめトップ
  2. カラダ

飲み過ぎ注意!「水中毒」の危険

【低ナトリウム血症】水分補給は大事。でも、方法を間違うとこんな危険もあります。初期症状として頭痛等。詳しい原因、対処、治療など。「病的多飲水」精神病(統合失調症)との関連性も。バソプレッシン促進など。※状態・ケア等は一例です。自己判断は危険です。疑い・心配のある方は専門機関を受診して下さい。

更新日: 2017年02月13日

299 お気に入り 756972 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wampoさん

猛暑の今年。
熱中症対策の水分補給が重要だなんて
もはやあたりまえになりました。

しかし。実はこんなこともあるんです。

水中毒(低ナトリウム血症)とは

水分を過剰に摂取すると、体内の水分の
バランスが崩れてしまい、細胞が膨化していきます。

体がむくむようになって血液中のナトリウムイオン濃度が低下

悪化すると、精神分裂病まで進んでしまうことも

人間の腎臓が持つ最大の利尿速度は毎分16ml。
これを超える速度で、水分を摂取すると
水分過剰で細胞が膨化。

結果、低ナトリウム血症を引き起こし
水中毒に陥るそうです。

(参考http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E4%B8%AD%E6%AF%92

こういう人は注意かも(一例)

脚のスネを指で押してみてください。 指を離したときにへこみが戻らず指の跡が残れば、水中毒の可能性もあります。

塩分も糖分も入ってない真水を
普段から大量、あるいは
一気飲みしていませんか?

ひょっとすると飲み過ぎているかも!

水中毒の症状など(一例)

軽度の疲労感を感じる
頭痛や嘔吐などの症状がでる

嘔吐や痙攣といった症状が現れ、さらには意識不明に

何でも過度の摂取は毒。
死亡例もあるようです。

★症状は個人差があります。
他の病気の可能性もあります。
異常を感じたら医療機関へご相談下さい。
★多量に摂取したケースです。
下記まとめを参考の上、
水は必ず適量適宜摂取して下さい。

安全とされる飲み方(一例)

よく運動する方や太っている方は2リットル、
それ以外の方は1.5リットルの水を飲むのが適量

一日の必要な量に関しては諸説ありますが
多くとも上限2ℓまで程が無難のようです。
(食事の水分を差し引いて考える説、
真水だけで2ℓ必要説など様々あります)

適量をゆっくり飲む様にしましょう!

補足・脱水症状の時は注意が必要です

日常的には普通の水でいいが、高温や発汗が多い時には、塩分を含んだミネラル水をお勧めする。

熱中症などの緊急時には、簡便な方法として塩と砂糖を混ぜて「経口補水塩」を作ることが出来ます

具体的には、塩分濃度0.1~0.2%、糖度3~5%が最適

経口補水液など、ドラッグストアに販売されているものがあります

★本まとめはあくまでも普段の水分補給と
過剰摂取の危険性についてのものです。

★脱水症状など、緊急を要する時は
水、もしくはスポーツドリンクでは状態を
悪化させる危険があります。
経口補水塩・経口補水液の利用、
医療機関の利用をお勧めします。

メンタルヘルスとの関連

1 2