1. まとめトップ

美人を作る習慣、ブスを作る習慣

「美人」と「ブス」は、何も外見だけで決まるものではありません。その人の内面がもつ雰囲気が、その人を美しくも醜くもします。そして内面を美しくするには、"習慣"がとても大切です。

更新日: 2014年08月28日

1247 お気に入り 188189 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

美人は習慣から作られる!

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

- マザー・テレサ

若い頃美人でも性格の悪い人はそのような顔になり、よほど努力をしていない限り、もはや美人とはいえない顔立ちになってしまう。逆に若い頃は美人ではない人も、性格がいいと温和な顔つきになり、美人に近くなる

その人の習慣や考え方は、外面にも表れてきます。考え方や行動を気をつけると、それは運命を変えることにもつながります。

性格は顔に出ると言いますが、美人さんはどんな趣味や習慣をもち、生活しているのでしょうか

美人をつくる習慣とは?それを意識すると、自然に美しい人になれるかも。

▽ 「美人」をつくる習慣

美しい習慣は、美しいひとをつくる。

自然な笑顔

いつも明るく笑顔が絶えない人は、周囲の人も明るくさせます。

聞き上手

コミュニケーションの基本、「相手の話を聞く」ことができる人は、好印象を与えます。

丁寧な言葉遣い

丁寧な言葉遣いで喋れる人は、他人とも丁寧な付き合いができる人です。

さりげない気配り

自分のことで精一杯、いつも周りが見えていない…よりも、やっぱり気配りは大事です。

人の長所、自分の長所を見る

他人の粗探しではなく、良いところを見つけましょう。

相手の立場にたって考える

相手に共感する、感動を分かち合う、といったことができる人は素敵ですよね。

▽ 「ブス」をつくる習慣

ブスは漢字で「附子」と書き、もともとはトリカブトの塊根を意味しました。

他人の悪口やあら捜しばかり

悪口を言うことによって他人を貶め、自分を持ち上げようとするのは完全に逆効果です。

「ありがとう」を言わない

誰だって感謝されると嬉しく、「もっとやってあげよう」と思うものです。周りに感謝をしない人は、誰からも助けてもらえなくなってしまいます。

自分のミスを認めない

言い訳や責任転嫁をせずに、「ごめんなさい」「すみません」のたった一言で、相手に与える印象は変わるものです。

怒ってばかり

何かにつけイライラ、怒ってばかりの人は決して美しいとはいえません。

「でも」と「だって」が口癖

何でもかんでも否定から入る人も、ちょっとつらい。

自分より下の者に厳しい

後輩や部下ができると、急に偉そうになる人。

上から目線で批評

自分のことは棚に上げて、批評家になってしまう人。

1