1. まとめトップ

改めて見直したいアンディ・ウォーホルの作品たち

ポップアートの巨匠アンディ・ウォーホル。誰しもその作品を一度は見たことがあるはず。年々高値をつける彼の作品の魅力とは?また、彼の謎に満ちた人生とは?

更新日: 2013年11月07日

22 お気に入り 120650 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

masahusaさん

幼いころに見た彼の作品は図工の教科書で見る他の印象派の巨匠などとは一線を画する存在であり、意味がわからないながらも胸に突き刺さったものです。

ウォーホルは、カーネギー工科大学を卒業後ニューヨークへ移り、商業デザイナー・イラストレーターとして成功していましたが、1960年にはファインアートの世界に移ります。

香港の不動産王、Joseph Lau氏はニューヨークでのオークションに出品された毛沢東(Mao Zedong)の肖像画をウォーホル作品史上最高額となる1740万ドル(約20億8000万円)で落札した。

ジェフ・クーンズ(Jeff Koons)からダミアン・ハースト(Damien Hirst)に至るまで、1世代全体のアーティストは、限界を広げたウォーホルに莫大な借りがあると同氏は述べた。

De Salvo氏のコメント

彼を慕っていた女性が自殺したという知らせを聞いても、「連絡くれれば(死ぬところを)撮影してあげたのに」と漏らし、さすがに周りの人々をあきれさせた、というエピソードは不気味だ。彼は「自分は機械になりたい」と常々語っていたという。

銀髪のカツラをトレードマークとし、ロックバンドのプロデュースや映画制作なども手掛けたマルチ・アーティスト。

1983年から1984年にかけて、TDKビデオカセットテープのCMにも出演。『イマ人を刺激する』[4]と題して、右肩にテレビのテストパターン(カラーバー)を持ちながら「アカ、ミドォリィ、アオゥ、グンジョウイロゥ…キデイィ(キレイ)」とたどたどしい日本語を発するだけであったが、視聴者に強烈なインパクトを与えた。

▼関連まとめ

1