1. まとめトップ

【天才クラブに入ってみた】メンサに入会すると何が出来るのか【実録レポート】

JAPAN MENSAに入会すると何ができるのかまとめました。会員しか知らない実際のところを書いてます。また作者とこのまとめは団体を代表するものではない事を断っておきます。まとめ内容についても個人的な感想に基づくものです。掲載内容についてなにか問題があれば連絡ください。

更新日: 2013年09月13日

64 お気に入り 888190 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■メンサとは?

メンサは1946年にイギリスで創設された高知能団体。一種の社交クラブみたいなもの。全人口のうち上位2%の知能(IQ)を持っている人ならば誰でも入れる。

JAPAN MENSAはつい最近正式な日本支部へと昇格した。メディアでの露出も増え、著名人の会員も増えてきたJAPAN MENSAで、一体何ができるのかをまとめてみた。

ここに書くことの出来ない情報も多いので、興味のある人は入会してみよう。

■入会試験

入会試験は銀座をはじめ各都市で行われている。銀座では月に一回開催。地方だと開催回数が少ないので注意。

大抵の場合、JAPAN MENSAの会長が試験監督をしている模様。

テスト内容は一般的なIQテストと同じ。具体的な事は公平性を保つために秘密にしよう。

個人的な感想としては問題量は多めだった。ただし難易度は低いので反射的に解いていった。2,3問考えないといけない問題もあったが、最終的に多少時間が余る程度で解き終わった。

※画像はメンサとは無関係

■会員証発行&新入会員オリエンテーション

入会試験に合格すると会員証が発行される。デザインはJAPAN MENSA内で公募され、投票の上で決定されたらしい。なかなかイケている。

基本的にこれを使う機会はないのが残念。とりあえず持っているだけで自慢はできる。

メンサに入会するとオリエンテーションの案内が来る。銀座のバーで会長がメンサの歴史、メンサで何ができるかなどの説明をしてくれた。

MENSAがどんな団体なのか期待が高まる。

■メンサに入ると何ができるのか?

▼活動のメインは例会!

毎月1回銀座で行われている例会。例会の構成は雑談タイム&講演会&お食事会。講演会ではメンサ会員や外部の非会員の方がテーマに沿った講演をしてくださる。

自分が参加したものでは専門職の方による宇宙についての講演が興味深かった。普段接することのない異分野について知る良い機会となった。

またこれは総会という年に一回の企画ではあるが、メンサ会員である茂木健一郎氏の講演会もあった。質問タイムでの茂木氏とメンサ会員のバトルなど、ハチャメチャな感じが面白かった。※写真は総会とは無関係です。

雑談タイム&お食事タイムでは会員同士で親睦を深めることができる。高校生からおじさんまで年齢層はバラバラ。趣味もバラバラなのが面白い。

新しく会員と知り合ったらSNSで繋がるのが最近の流れ。むしろSNSでの友達に会いに例会へ行くという感じが強いかもしれない。

▼今後の発展に期待のSIG!

メンサでは趣味のグループであるSIG(Special Interest Groups)を作る事ができる。外国のメンサでは様々なSIGが存在し、会員の好奇心を満たす為に活用されている。

例えばアマチュア無線や切手集めなどの地味なSIGや、スポーツ全般を楽しむSIG。政治経済なんでも話し合う議論SIGや、メンサ会員特有のギフテッド教育に関連するSIGなどあらゆるジャンルのSIGが存在する。

JAPAN MENSAではまだ会員数が少ない為にSIGが盛んではないが、会員ならば誰でもSIGを設立・運営する事ができる。今後の発展に期待したい。

▼外国旅行を倍楽しむSIGHT!

メンサは各国に支部が存在し、会員が外国へ行く際に現地のメンサ会員と交流を持つことができる。

タイミングが合えば外国を案内してもらうこともでき、外国旅行がより楽しくなるに違いない。

逆に外国のメンサ会員が日本を訪れることもある。その時に希望すれば外国の会員と交流を持つことができる。SNSでつながればその後もペンパルとして交流を深めることができるだろう。

■MENSAにはどんな人が多い?

気になるのがメンサ会員ってどんな人なのかということ。

個人的な感想だが、当然頭の回転が早い人が多い。会話のテンポも合うので話しやすい。

あとは何かしらユニークで自由な人が多い。変な人がいっぱいいる事が、メンサ内の居心地の良さに繋がっている気がする。

そして内向的な人も多い。例会では外交的な人が多いけど、全体でみたら内向的な人がサイレントマジョリティな気がする。

■メンサに入って何が良かった?

これも自分の感想だが、自分に似た人が沢山いるという安心感が一番だと思う。正直例会に参加してお喋りするのは苦手だ。でもSNSでの交流は距離感も丁度よく、安心感を得ながら楽しむことができる。

次に様々な情報にアクセスできること。日本メンサのHPでも会員限定ページが存在するが、メンサインターナショナルのHPにも同様に会員限定ページが存在する。そこの情報量は知的好奇心を満たすのに十分だった。英語の勉強にもなるし。

1