1. まとめトップ

猫の尿路結石、血尿を治すために、家庭でできる取り組み

猫は暑い国の動物なので、体内に水を貯めこむ習慣があるのか、おしっこをあまりしません。それで、おしっこはとろみを帯びることが多く、尿酸などの固形物が尿道に貯まり、F.L.U.T.D(尿路結石)という病気になることがあります。血尿が出てきたら危険信号。解決策ををご紹介します

更新日: 2013年08月19日

20 お気に入り 54947 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jigsowさん

猫は暑い国の動物なので、体内に水を貯めこむ習慣があるのか、おしっこをあまりしません。
それで、おしっこは、とろみを帯びることが多く、尿酸などの固形物が尿道に貯まり、F.L.U.T.D(尿路結石)という病気になることがあります。血尿が出てきたら危険信号。うちの猫はメス猫なのですが、まさに、その症状でした。これは慢性病なので、常に注意しておく必要があります。
解決策をいろいろ模索しましたが、その方法をご紹介します。

F.L.U.T.D(尿路結石)対応の餌を買う

F.L.U.T.D(尿路結石)対応の餌は各社から出ています。魚の餌もありますが、多くはチキンの餌です。猫はやはり魚が好きなようで、若干食い付きが悪くなりますが、効果はあるようです。

水を飲ます=おしっこをタップリさせる

尿酸などを尿道に貯めない方法のもう一つ、それは水を沢山のませておしっこをたくさんさせることです。そのためにも循環式の水やりきはおすすめです。
動物は野生の本能で流れる水が綺麗で安全なことをしっています。沈滞した水は、腐敗している可能性が高いからです。川で水を飲む時も動物は流れの早い中流の水を飲むといいます。流れる水は新鮮なことが多いからです。野生の知恵ですね。猫にもその本能は生きています。

循環式の水やりきを導入してからうちの猫は2倍は水を飲むようになりました。
上下に水を循環させているだけなので人間にはまやかしに感じるかもしませんが、猫には劇的に効果がありました。
血尿もなくなりましたよ。

皆さん苦労されているようです

愛猫の血尿治療に抗生剤となりました 今後は予防の為に高いが良質の餌を与えることを推進されました。 pic.twitter.com/Oy6GnRZPVu

猫、再び血尿。年老いての病気は仕方ないけど不快な症状は取り除いてあげたい。今日処方された薬が効くといいな。(T_T)

爺猫様の血尿が止まらず。少し持ち直したとおもったのに。

実家の猫の好物:煮干し、海苔、かつお節 全部マグネシウムが多くて尿路結石や血尿になりやすいとか。そりゃあかんわー。

猫の血尿について。オスのマンチカン、二歳です。 半年ほど前にも膀胱炎からくる血尿で入院しました。その時は入院+薬のおかげで何とか治ったのですが、最近また血尿が交じり始めました。以 前ほど頻繁にトイレ... bit.ly/15Eqne1

抗生剤は炎症を起こして、バイキンが繁殖している際の対処療法なので、根治療法はやはりマグネシウムなどの摂取を減らして、水を飲ませることだと思います。
最悪の場合は外科手術になります。お金も大変ですが、猫ちゃんのストレスも相当です。

餌は良く知られていますが、水やりの工夫はあまり知られていないように思います。もうやっている方には失礼かもしれませんが、ぜひ、ためしてみてください。

1