1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

クリスチャン・ベール(1974年1月30日 - )は、イギリスの俳優。

父親は金融アドバイザー、母親はダンサー。姉の影響で子役として演技を学び、1987年にスティーブン・スピルバーグ監督の「太陽の帝国」でスクリーンデビュー。その後、しばらくは役に恵まれなかったが、地道に映画に出演し続け、96年のジェーン・カンピオン監督作「ある貴婦人の肖像」で再び注目を集め、「アメリカン・サイコ」(00)で俳優として成長したところを見せつけた。その後、クリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」3部作(05~12)のブルース・ウェイン/バットマン、「ターミネーター4」(09)のジョン・コナーと人気シリーズの顔を務める。

マシニストでは55㎏まで減量しました。

映画『マシニスト』(2004年)では、1年間寝ていない主人公を演じるために1日ツナ缶1つ・リンゴ1個だけの食事で過ごしたという。脚本を気に入り自ら監督に出演を申し出た本人は更に過激に痩せようとしたが、周りに止められ断念したという。それでも十分過ぎる程の病的なまでに痩せ細った身体を披露しており、2009年1月28日放送の『ザ・ベストハウス123』の「激やせ激太り自由自在!大変身を遂げた俳優BEST3」の第1位に選ばれている

クリスチャンベール本当に凄いよね。マシニストの時とか死ぬんじゃね?ってくらいガリガリだったし…バットマンだしマネーショートのあれだし

@lp_announce 「痩せゆく男」のロバート・バークや「マシニスト」のクリスチャン・ベール並の気合と根性&万全な医療体制がないと無理ですな。 pic.twitter.com/Vs58x5Vz1Q

マシニストのクリスチャン・ベールはヤバかった。

最近其れなりにやつれてきたなとは思うけどマシニストのクリスチャン・ベール見るとまだいけるやん!と安心できる pic.twitter.com/kjKvs4jEA8

『バットマン・ビギンズ』のために半年で32㎏増やす

逆に太りすぎてバットマンスーツが入らなかったという逸話も。

クリスチャン・ベールに1票!/とにかく役作りがハンパない! 『マシニスト』の撮影のために30キロ減量して54キロになり、その後の『バットマン ビギンズ』のために6ヶ月で... goo.gl/8kFqQ2twitter.com/i/web/status/9…

その後もすごい役作りは続く・・・

■2007年

米空軍パイロットのディーター・デングラーの実話を基にした作品。
この作品でクリスチャン・ベイルは墜落し敵の捕虜となった兵士を演じている。

主役を演じたクリスチャン・ベールの気合の入った役作りにただただ脱帽。ガリガリになるまで体重を落としたり、うじ虫を食べたりと、彼の仕事に対する熱意がそのままディーターの強い精神力、生命力となってこの映画に反映されていた。

■2008年

■2010年

街の期待を一身に追うカリスマ性のある兄と、地味で目立たない弟。どん底から頂点へ。夢とあざ笑われた世界チャンピオンへの切符を手にした兄弟の奇跡の実話。

ザ・ファイターのガッリガリな姿すごかったけど、今太ってるのか……役作り大変だな。

■2013年

1970年代にアメリカで起こった「アブスキャム事件」をもとに映画化した作品
クリスチャン・ベールは演じる司法取引でおとり捜査に加わる一流の詐欺師、アーヴィンを演じている。
なお、この役のために20キロ増量したらしい。

ものすごく面白がっていたよ。デブデブのおなかとハゲ頭を何どもたたかれて、からかわれた。すごく楽しんでいたね」

娘についてのコメント

誰?とか激太り!とか今のベイルさんの役作りに対して書いてるけど、余裕でベイルさんだし激太りというほど激太りでもないようにしか見えない、わたしの目には… 一般的にはアメリカンハッスルとかのほうが衝撃的じゃないの。そのときも余裕でかっこよかったけど。

1 2