1. まとめトップ

スティーブ・ジョブズ他 成功者の多くが実践【瞑想】の効果が凄すぎる

スピリチュアルイメージの強い瞑想、実は科学的にも証明されてる素晴らしい効果が沢山あった。驚きの瞑想効果と、方法についてまとめました。瞑想方法、瞑想法、ヴィパッサナー、瞑想効果。集中力を身につける方法。やり方。効率よくなる方法、ポジティブ思考、成功する秘訣。成功者の習慣。ビジネス。

更新日: 2014年10月11日

apushiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
131 お気に入り 221155 view
お気に入り追加

成功者の多くが瞑想を実践していた

スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、イチロー、マドンナ、ビートルズ、クリント・イーストウッド、ヒラリー・クリントン、ビルフォード、リチャード・ギア、稲盛和夫、長谷部誠、長嶋茂雄

スティーブ・ジョブズは、瞑想の効果を以下のように語っています。 ・捉えにくいものの声が聞こえるようになる ・直感が花ひらく

人々の生活に浸透してきている瞑想

トレーニング前に瞑想を取り入れ、20〜30分瞑想でイメージしてから、トレーニングしました。すると、とても効果的だった。有酸素運動と無酸素運動だけでなく、瞑想がよかったと思う。

今日の瞑想は、体のエネルギーがまん丸に整ったのを感じられるくらい、深く良質なものでした。まん丸のエネルギーボウルの中に浮いているような状態です。

瞑想、結構ハマりますね。リラックス効果が高い。ヨーガとか流行ってる理由が少し分かってきました。

素晴らしい効果が期待できる

瞑想のトレーニングによってあなたの集中力は強化され、多くの時間持続することができるようになる。

一流のアスリートなどは自分の集中力の高め方や、自分の集中力が高まっているかを感知する方法を経験から知っているが、あなたもその境地に瞑想によって辿りつくことができる。

瞑想で記憶力の向上や老化防止の効果があると結果が出ている。

・心身の健康が回復する
 ・熟睡できる
 ・悩みが減る
 ・仕事の効率が上がる
 ・脳の性能が良くなる

瞑想をはじめたことで、何を試しても治らなかった病や不眠症が快方へ向かったという体験や、ストレスや悩みが軽減されたという体験をした人が大勢います。

多くの研究者たちも効果を証明

ワシントン大学で行われた研究では、瞑想が生産性を向上させ、集中しやすくすることが明らかになりました。

脳研究の学会誌『Brain Research Bulletin』に掲載された研究では、瞑想はストレスを軽減することが示唆されています。

研究者たちは現在、瞑想の効果を示す証拠を集めている段階ですが、どうやら短時間の瞑想であっても、脳の集中力にプラスの効果をもたらすようなのです。

どのくらいで効果を実感できるの?

瞑想によって仕事がはかどったり、慢性痛やストレスが軽減された りすると紹介してきましたが、最新の研究結果により、その精神的な効果はもっと広い範囲にわたり、定期的に8週間続ければ成果が出ることがわかりました。

これは、あくまでも実験結果。大切なのは、日々の生活に取り入れて継続していくこと。効果を求めるあまりに、あせってはダメです。

瞑想の方法

瞑想には、いろいろなやり方があります。ここでは、一般的な方法をご紹介します。

呼吸

瞑想での呼吸は、ゆっくりと深く 呼吸をします。できれば20秒くらいかけて、ゆっくりと、体中から二酸化炭素をはき出します。 こうして、ゆっくり息を吐ききると、息を吸うのは自然に入ってきます。こうした、意識したゆったりとした 呼吸を続けるだけでも、体には良いエネルギー回復になります。

姿勢

瞑想をするときには、できるだけ姿勢を良くします。それは、エネルギーは背骨を添って 上下するからです。姿勢が悪いと、また、背筋を伸ばしていないと、エネルギーの流れを ブロックし、気が体と心をうまく巡りません。椅子でも座禅でも良いので、楽に長く座れる 姿勢をとりましょう。横に寝て瞑想をする方法もあるのですが、初心者の方は、ほとんど 寝てしまいますので、最初は座って瞑想をすることをお勧めします。

方法と時間

瞑想に決まった時間はありません。ただ、もし、一般的にこれくらいやると心が安まる、 という時間があるとすると、それは15分くらいが一つの目安でしょう、これは、個人差が あるので、あくまで目安とお考え下さい。朝や就寝前はそれぞれ瞑想に最適な時間ですが、 もし1日1回しかできないのならば、就寝前をお勧めします。寝る前に頭を空っぽにして、 その日にあった出来事をリセットすると、睡眠の質があがります。

瞑想用アプリケーションも

1 2





apushiさん

職業:Never まとめ

このまとめに参加する