愛知県警察本部は「酒気帯び運転の検挙の基準には達していないとみられるが、署員を監督する立場として許されない」として、19日付けで堀場署長を警務部付きに更迭し、詳しいいきさつを調べるとともに、今後、処分を検討するとしています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

知多警察署の署長が飲酒運転・・・その言い訳がひどい・・・

愛知県の知多警察署の署長が、先月ゴルフ場で酒を飲んだあと車を運転していたことが分かり、愛知県警察本部は、19日付けで更迭するとともに詳しいいきさつを調べています。

このまとめを見る