2012年5月26日のUFC 146でジュニオール・ドス・サントスの持つ、UFC世界ヘビー級王座へ挑戦する予定だったが抜き打ちで行われた薬物検査で陽性となり、そのドーピング検査で筋肉・筋力増強・攻撃性や回復力の向上、痛み抑制、神経伝達スピードなどを高めるなどの効果があるステロイドホルモンの一種、テストステロンが規定値を大幅に超えた高濃度(常人の10倍以上)検出されたため挑戦権を剥奪された。(※後にアリスターの尿からは常人の14倍のテストステロンが検出されたことがNSACの代表、キース・カイザーの口から語られた。)

出典アリスター・オーフレイム - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【世界最強?】アリスター・オーフレイムの現在【更新中】

様々な格闘技団体で圧倒的な強さを見せ世界王者に君臨するアリスター。最後の目標UFC王者を目指しました。

このまとめを見る