アリスター側は医師の確認と了承を得て、「知らずにテストステロンが含まれていた抗炎症薬を注射した」と主張したが、NSACはその医師が曖昧な供述しかしない点や、アリスターが抜き打ち検査会場から逃げ出した点などから、不自然な部分の多いアリスター側の主張を退け、薬物検査日の3月27日にさかのぼり9ヶ月間の出場停止処分を課した[8]。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【世界最強?】アリスター・オーフレイムの現在【更新中】

様々な格闘技団体で圧倒的な強さを見せ世界王者に君臨するアリスター。最後の目標UFC王者を目指しました。

このまとめを見る