1. まとめトップ

強くなるために読んでおきたいFPSのトッププレーヤーNoppoさんによるツイートまとめ

Counter-StrikeのトッププレーヤーNoppoさんが以下のツイートをきっかけにFPSにおける瞬間的な判断力の大切さ、指揮官の役割、トップチームの戦術についてツイートしてくれました

更新日: 2016年05月15日

theworldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
59 お気に入り 91521 view
お気に入り追加

確かにFPSは判断ゲー。いかに早く判断、行動するかが勝敗のポイントになる。 RT @htmk73 【ゲーマー凄い】FPSなどのアクションゲーム好きは「判断を下すスピード」が25%速く、その判断の正しさも劣っていないことが判明

ツイートをしたNoppoさんとは?

FPS「Counter-Strike」の日本トッププレーヤー。
日本代表として世界大会出場多数。
Asia e-Sports Cup 2012優勝。
決勝戦で飛び出した5人抜きのスーパープレーは海外サイトでも紹介され話題となった。

壁越しに敵を倒すスーパープレーの連続で、相手チーム5人を1人で倒してしまった。

そんなNoppoさんがFPSプレーヤーならば参考にしたいツイートをしてくれていたのでまとめました。

FPSは瞬間的な判断が非常に大切

試合を観戦していて、「あ、こいつ今迷ったな」って思ったやつは大抵そのラウンドを落とす。

FPSで迷ったら迷ってるままでは無く、攻めるなら攻めて、引くならすぐ引いたほうが良い。(※体制を整えられない状況下。ex 時間なし or 相手の布陣内)

よく俺は周りから「どこにでもnoppoがいる」って言われるのは、すぐに判断して、行動するからだと思う。それがやっぱりFPSではかなり重要なテクニック。相手の攻め方に何か匂ったらそこをついたり、またはすぐにシフトし守りを固める。

チームに一人こういう奴がいるとすごく楽。大抵のFPSはAポイント、Bポイントと設置場所が2個あるから、2人いるととても強いチームになる。

そういうやつがチームに1人しかいない場合は、キーとなるポジションをそいつに任せることだ。(相手の情報をたくさん得れるとこ。)CSでいったらde_dust2の場合はセンターだね。相手の動きをしっかり仲間に伝えるのも大事。確信がない「~かも!」でも重要な情報。予想が外れるのを恐れず言

強いチームと情報について

逆に強いチームっていうのは、相手に情報をあまり与えず、相手に自分たちがどこにいるかわからなくさせることが出来るチーム。初めて世界レベルと戦ったときにそう感じだ。格下のチームとやるときは気楽にすいすい動けるでしょ?でも格上のチームとやるときは氷で固められたかのように動きを封じられる

それは常に相手がどこからくるかわからない不安からくるもの。さらにフェイクを前のラウンドに使われたりしたらそれはもうシフトしずらくもなる。DOTA系やってる人ならわかると思うけど、情報っていうのはFPSでは「ワード」なんだ。相手の視界を無くし、怯えさせ硬直させる。それが出来れば勝ち

簡単に言えば、あたかも「居るかも知れない」って思わせられるかどうか。うまく思わせられなかったらそこに突かれたり、まもりを固められてしまう。移動にどうしても時間がかかるので、どうしても攻撃を仕掛けるのに「沈黙」が出来てしまう。その沈黙をうまく使うのだ。

「沈黙」を作ることによって、相手にどっちに攻めるかわからなくさせる。だから闇雲にすぐに攻めるのではなく、時には攻める前に気配を消し、わざとまって誘き出して仕留めるというのはかなり有効な戦術である。これはかなり上級的な戦術。できたらTOPチームだ。

うまい奴は相手のチームの動きが読める。サッカーじゃないけど、フィールドを上から見た感じで。それは相手を誘導させ間接的に操ってたりするからかもしれない。仲間の情報から敵の位置を頭の中で想像し、相手の動きの流れ(次の行動)も読む。その上で指示を出す。

チームFPSにおける指揮官の役割

迷いの話をしたけど、指揮官(司令塔)がいないとチーム全体の動きで迷いが出てしまう。だから混合でも指揮官やる人がいると、ぐーんと勝率あがる。判断が早く適切で、チーム内に迷いを生ませない優秀な指揮官がいるチームは強い。そういった人は相手チームの全体の動きが見えてる。

だからただAIMが強い5人が集まっても駄目なのだ。勝てても、たまに負けることもあるようなチームになってしまう。良い指揮官がいてこそ、安定して勝てるようになる。そこがまた面白くもあり、難しいところなのだけど。

チームメイトがうまく仕事をしなくても、指揮官は怒っては駄目だ。怒ると「また怒られるかも」っていうのが頭に染み付いちゃって、言われたことしか出来ない人形みたいになってしまう。そうなると状況に応じたプレイが出来なくなってしまうし、いつもの実力が発揮できなくなってしまう。

指摘するにしても、チーム内の雰囲気を壊さぬ様優しく指摘すべき。FPSにおいてメンタルはすごく大事な要素の一つ。怒ってしまう指揮官は、状況判断/戦況把握がうまくても、完璧な指揮官とは言えない。 

作戦を使うことについて

自分は作戦も大事だと思ってるけど、それよりも臨機応変に戦えるかどうかが大事だと思う。作戦はあくまで前提で、そっから先は臨機応変に。作戦が全部うまくいくことなどほとんどない。うまい奴らは作戦を実行する前に潰しにくる。

最初から作戦をやるのは良いとは思わない。いろんな状況下を想定し、限られた資源で出来る作戦をいっぱい持っておくことが強さにつながると思う。3人でも出来る作戦、グレがなくても出来る作戦、そういった作戦を沢山容易しておくことで削られたときのつらい状況下でも「迷い」なくすぐに次の行動に移

作戦も臨機応変に使うことが大事だ。 自分はガチガチに作戦で固めたチームを沢山見てきた。そういうチームは作戦を実行する前に1人やられてしまったら次に何をしていいかわからなくなってしまい、迷って結局野鯖でプレイしてるのと変わらない感じになってしまう。少人数でも出来る作戦を持ってると◎

強いチームっていうのは、作戦を実行する前に潰してくるチーム。その上を行くには、奇策・奇襲に柔軟に対応できなければならない。少人数でもできる作戦を誰が欠けていても出来るように、チーム全員が別のroleの役割も出来ないといけない。5人全員が生存した状態で作戦が出来るほど甘くない。

AIM(射撃力)とマップの熟知度

AIMっていうのはある程度装備(pcスペック、デバイス)が揃ってればそんなに変わるものではない。プロでも超絶にAIMが良いのがいるがそれは身体能力の差では無く、そのMAPの熟知度(よくいる敵の場所等)がすごく高いんだ。だから何処に敵がいるか大体想像がつけば、照準をそんなに動かす必

1 2