1. まとめトップ

★タロットカード★【小アルカナ】Wands(ワンド)の意味!

タロットカードの【小アルカナ】Wands(ワンド)の意味を集めてみました。

更新日: 2017年05月21日

69 お気に入り 106314 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

czg03000さん

※Wands(ワンド)とは・・・(四大元素:火)

棒(Wands)のスート(Suit)は、木の棒であり、攻撃・防御するこん棒や、体を支える杖を意味します。木の棒は、使い方によっては、住居を築くこともできますし、火をおこすことも可能です。 棒(Wands)のスートは、使い方次第で様々な用途に変化する原始的な力を象徴しています。

Ace of Wands(ワンドの1)

雲から突き出した右手が、新芽の生えた棒を握っている様子が描かれています。
棒(ワンド)は、生命力、情熱、本能などの象徴として描かれています。

そのため、このカードは、熱意をもってなにかをスタートさせるときや、強い意欲などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、活力不足のときや、勢いが空回りしているときなどを表します。

(正位置)
正位置の棒のエースは、あなたが日頃から興味を抱いている恋愛、仕事あるいは趣味において、 新しいことを始める情熱やエネルギーに満ち溢れ、積極的に取り組む姿を暗示しいています。 また、あなたの熱意や情熱により、全てのことにおいて新たな進展やブレークスルーが期待できます。 予期しない吉報が届くことも暗示しています。

●キーワード
 全ての始まり・好転
 発想・ヒラメキ
 情熱・熱意・エネルギー

(逆位置)
逆位置棒のエースは、あなたが日頃から興味を抱いている恋愛、仕事あるいは趣味において、 新しいことを始める情熱やエネルギーが衰退してしまい、やる気を失ってしまう展開を暗示しいています。 発想・ヒラメキが乏しいため、間違った方向にスタートを切ってしまうかも知れません。 また、邪魔が入ったり、問題が発生したりしますが、これらのトラブルを打ち破るには、気力や情熱が不足しています。 新たな物事への挑戦を延期し、しっかり計画とその時期を見直すのが良いでしょう。

●キーワード
 方向を間違えたスタート・暗転
 発想・ヒラメキが乏しく計画倒れ
 情熱・熱意・エネルギーの衰退

Two of Wands(ワンドの2)

地球儀と棒を持った人物が、石造りの建物の上から海を見つめる様子描かれています。

そのため、このカードは、ある程度の地位に達したことや、その先の展望についてを考える時期などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、未来に対する不信などを表します。

(正位置)
正位置の棒の2は、富や権力の象徴である土地や建物の獲得に対する願望を象徴しています。 漠然とした願望を、明確な目標に置き換え、強い意志を持って行動を起こせば、自ずと満ちは開けて行くことを暗示しています。

●キーワード
 富と責任
 権力と義務
 願望と強い意志

(逆位置)
逆位置の棒の2は、手の届かない高嶺の花を手に入れたいという願望を持ち、 手に入れようとしますが、邪魔が入り高嶺の花に近づくことすらできず焦燥感が増し、最終的に自信喪失に陥り、孤独感が募ることを暗示しています。 冷静で客観的な状況分析や自己分析を行い、自分の身の丈に合った目標になるよう見直しましょう。

●キーワード
 憧れと苦悩
 自信喪失・焦燥感
 孤立・孤独感

Three of Wands(ワンドの3)

右手に棒をもった人物が、丘の上から海を見下ろしている様子が描かれています。
彼は、自分の管理する商船が、海を行き交う様子を眺めています。

そのため、このカードは、更なる発展や、グローバル化などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、視野を拡げることができず、自分の知らないことへの好奇心を失うことなどを表します。

(正位置)
正位置の棒の3は、あなたが精力的に取り組んでいる物事において、一定の成果が得られることが暗示されています。 また、周囲の共感も得られ、共同事業として発展するかも知れません。 一つの節目を迎えますが、まだまだ発展して行きますので、引き続き精力的に取り組んで下さい。

●キーワード
 一定の成果
 共感・共同事業
 発展の可能性

(逆位置)
逆位置の棒の3は、あなたが取り組んでいる物事において、慢心や油断により思わぬ失敗や遅れを招くことが暗示されています。 現在の状況は決して悪くはありませんが、結論を急いだり、油断していると足元をすくわれます。 慢心せず、成功するための道筋をしっかり論理的に考え、タイミングを見計らって行動を起こしましょう。

●キーワード
 慢心・油断大敵
 機が熟していない
 地道な努力

Four of Wands(ワンドの4)

華やかに飾られたアーチの向こうから、2人の人物が手を振る様子が描かれています。
ここは、大勢の人たちが着飾り歓談している、大きな屋敷の庭にあるパーティー会場です。

そのため、このカードは、人々が楽しむために集まることや、ハレの日などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、意味のない集会や、乱痴気騒ぎなどを表します。

(正位置)
正位置の棒の4は、日常生活において、ささやかながら物質的および精神的な満足感が得られ、心理的な余裕や寛大さが生まれることを暗示しています。 仕事の面でも余裕が生まれ、相手に対して寛大になりますので、穏やかな恋愛が結婚に発展する可能性も高まります。

●キーワード
 ささやかな満足感
 心理的な余裕
 穏やかな恋愛・結婚

(逆位置)
逆位置の棒の4は、あなたの内面が充実していれば、物質的および精神的な満足感が得られ、心理的な余裕や寛大さが生まれることを暗示しています。 ただ、貴方が薄っぺらい人間であったり、人を外見だけで判断するような軽薄な人間であれば、足元をすくわれる可能性があります。 自分の内面を磨き、物事の本質を見るように努力しましょう。また、衝動買いには注意しましょう。

●キーワード
 内面の充実による満足感・余裕
 内面の充実
 衝動買い

Five of Wands(ワンドの5)

5人の若者が、それぞれ手にした棒を振り回している様子が描かれています。
一人ひとりの違った装いが、異なる価値観や意識を持った人物が集まっていることが表してます。

そのため、このカードは、多くの人と意見を言い合うことや、試行錯誤している状態などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、実りの少ない言い争いや、結論の出ない考え事などを表します。

1 2 3