1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この夏、裸族始めよう。全裸習慣はメリットいっぱい!

息苦しい日常から解放され、心も身体も自由に。美容と健康にも良いとされる「裸族ライフ」は、こんなに凄かった!

更新日: 2014年02月15日

185 お気に入り 416551 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

現代の裸族とは

裸族とは、「家の中では裸でいる人たち」のこと

アマゾンの原住民の話ではない。ここ日本にも、裸族は存在している。

よく混同されますが露出狂とは違います

あくまで全裸になるのは人目につかない自宅の中だけ。公共の場で全裸だったら、それはただの変態か、異文化の人である。

裸族ブームは、既に来ている

▷ 帰宅し服を脱ぎ捨てる瞬間こそが至福のとき。

自宅では全裸で過ごす、という女性は意外にも多い

自宅でパンツ一丁あるいは全裸、というのは男性が多いように思えるが、"裸族"をカミングアウトしている女性は多い。

最近になって「裸族ブーム」が訪れており、叶姉妹をはじめ、宮沢りえ、大島優子、夏菜、深田恭子、長澤まさみ、沢尻エリカなど、今をときめく女優陣が裸族ライフを送り始めた

他にも15歳まで家族そろって全裸で夕飯を食べていた(加藤夏希)という例も。

美容と健康のための裸族ライフ

▷ 裸族ライフはメリットいっぱい。

鏡へ全裸を映すことで、肉の付き方を認識し、肥満具合を自覚することができる

家の中で全裸で過ごせば、鏡に映り込むのは当然全裸の自分。否が応にも目に付く贅肉!

服を着ているときよりも体感温度が低くなっているので、体温を維持するためにカロリーを消費しやすくなる

基礎代謝が良くなる効果も期待できる。

全裸で過ごすというのは、自分自身も気づかなかった色気に目覚めるイイ機会

鏡の前でいろんなポーズをとってみるのも効果的だ。もちろん全裸で。

呼吸が楽になり本来の自分に戻れます

人間も動物なんだという哲学的実感に浸れる。

パンツからの解放

パンツのゴムによる締め付けは、知らず知らずのうちにストレスになっている。

ちょっとした人生のスパイス

普段は服を着て生活している庶民にとって、全裸生活は一種のスパイスにもなる。

裸族の心得

▷ 全裸になる理由は人それぞれといえど、守っておきたい心得がある。

全身鏡を部屋の隅々へ配置し、どこにいても様々な角度からボディチェックできるようにしておく

鏡をあちこちにおいて、常に自分を映し込む!

少なくとも公共の場所で衣服は身に着けないと犯罪

全裸でいるのは家の中だけと心得よ。

裸族の落とし穴

▷ 開放感に恍惚としていると、そこには思わぬ落とし穴が潜んでいることも…

カーテン全開、あるいは窓まで開けた状態で素っ裸になるのは危険

環境を整える前に全裸になると、隣人から鑑賞される危険も。カーテンを閉めた上での裸族ライフをおすすめする。

玄関を開けるときが危険

裸族歴が長くなると、それが自然な状態になってしまいます。宅配業者が来たとき、そのままドアを開けないように注意しましょう。

彼氏が遊びに来ているときは危険

お風呂上がり、全裸のまま彼氏のいる部屋へ…。異文化交流時は、相手の文化も尊重しないとカルチャーショックを与えてしまう。

ビデオチャットに裸のまま

裸族は当然、PCの前でも全裸。Skypeなどでビデオ通話がかかってきたときは充分に注意した方がよい。

1





このまとめへのコメント1

  • RAmanさん|2013.11.14

    菅野美穂もやったと言われる、ネイキッドヨガ ネイキッド=全裸 そう全裸でヨガできる場所があるらしい、いままで男ばかりのは新宿二丁目付近であったらしいが、男女混合のは初めてかもしれない、気になる人は探してみてください

1